ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

ビジネスローン審査ではマネーロンダリングを疑われないように気をつける

マネーロンダリングとは、犯罪などの不正な手段で得たお金を、いくつもの口座を経由させることで、出所をわからなくしたり、正当な手段で得たお金であるかのように見せかける方法です。資金洗浄と呼ばれることもあります。

ビジネスローンもマネーロンダリングで利用されることもあるので、審査において、怪しい部分があると落とされる可能性が高くなります。

犯罪や不正行為を行っていなくても、マネーロンダリングを疑われてしまうケースというのはあるので、一般の人も注意をしておくべきです。

例えば、短期間のうちに複数のクレジットカードの発行を求めているケースです。一般の人でも、なんらかの事情で短期間のうちに複数のクレジットカードを作成しようとすることがありますが、なるべくこれは避けたほうが良いです。

月に2社~3社程度に申し込みをするくらいなら問題はありません。クレジットカードの不正として、ショッピング枠現金化などがあげられますが、実際に利用をしてなくても、疑われるような行動をとらないように気をつける必要があります。

知らず知らずのうちに疑われるような行動をとってしまっており、審査落ちの原因になっているケースもあります。

最近では実態のない法人も多いので、ビジネスローンの審査では、事業内容などをしっかりと説明できることが重要です。

飲食店を経営しているといったケースなら、事業を疑う人はいませんが、インターネットビジネスを行っているといったケースでは、事業内容が不明瞭になってしまうことも多いです。

その場合には、ホームページを作成して、事業内容を説明しておくと、審査に通過する可能性が上がるでしょう。

業績の長い会社ほど、信頼される傾向がありますが、逆に業績の浅い会社では、追加で収支計画書、事業計画書などの提出を求められることもあります。

これらの書類の書き方によって、審査の可否が決まることがあるので、書類の書き方についても調べておき、手抜きをせずに記入をするようにしましょう。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top