ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

未成年はビジネスローンを利用することができるのか

ビジネスローンは主に貸金業者などノンバンクと呼ばれる業種で提供されているビジネス用途のローンサービスのことです。基本的には消費者金融のビジネス用途版というものです。

一般的に消費者金融で借りられるお金の用途はビジネスに使うことが原則禁止されています。

これは個人事業主が借り入れを行って事業で不足する資金を補填した結果、経営の健全性が失われるためで、このためビジネス用途に使う場合には、ビジネスローンなどの専門のサービスを利用することが求められています。

しかし、ノンバンク系のビジネスローンは基本的には消費者金融と変わりはなく、高い金利が設定されています。

反面でビジネス向けということで総量規制の対象になっていませんし、あくまでも事業に対して融資が行われるので、借り入れ金額も個人向け融資と違って大きめに設定されています。

借り入れる方法も、カードを使ってATMから借り入れを行うことができるものもあります。

なお、ビジネスローンの中にはビジネス向けのほか生活費にも使えるものもあります。また消費者金融の中にはビジネス用途への利用を認めているところもあるので、サービスの内容を見極めて申し込むのがポイントです。

ただいずれにしても金利は低くても8%程度であり、一般的な銀行のローンと比べると倍程度します。このためビジネスローンはあくまでも緊急時のつなぎ融資として使うのが一般的な使い方といえます。

一方で利用できる条件としては法人または個人事業主となっており、このさいの申し込み年齢はほとんどのケースで満20歳からとなっており未成年者がビジネスローンは利用することができません。

一方で未成年者が法人を設立している場合にも代表者の確認する書類が必要ですので、やはり未成年者は利用することはできません。

未成年者が利用できるローンとしては、トラベルローンや運転免許ローンなどですが、このさいにも保護者の同意が必要になります。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top