ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

銀行からの融資とビジネスローンの違いやメリットとは?

資金調達と言うのは個人事業主や法人に関係なく必要不可欠な存在です。
資金がなければ経営が苦しくなる、新しい事業を展開する事が困難になる、材料を購入するためのお金がなければ物づくりが出来ないなど、資金調達はビジネスを行う上で必須と言えましょう。
では、資金調達はどうすれば良いのでしょうか、と言う事になるわけですが、融資を受ける場合は必ず審査が行われる事になります。
会社の健康状態をチェックしてお金を貸しても大丈夫なのかを融資する側は見る事になります。
ある程度実績を持つ個人事業主や法人などの場合、健康状態が良好であるのか否かは売り上げなどを調べて行けば分かりますが、問題は新しく設立したばかりの会社やサラリーマンだった人が個人事業主として経営を行う段階での審査です。

銀行は信用取引をモットーとしているため、新しく設立したばかりの会社や経験が浅い個人事業主への融資を断るケースが多く、資金調達には困難極まるケースもあります。
ビジネスローンは専門の会社がローン商品として用意しているものだけではなく、消費者金融や銀行などの中にも事業資金として活用出来る便利なローンが用意してあります。
ビジネスローンの場合は、銀行の通常融資と比較すると短期間で融資を受ける事が出来ると言うメリットを持っており、インターネットで申し込みから契約までを交わせるもの、契約時間帯によっては当日中に融資を受ける事が出来ると言う即日融資になるものも少なくありません。

インターネットで申し込みから契約までを交わせるため、銀行の営業時間を気にしなくても良い、店舗窓口に出掛ける必要がないなどのメリットがあります。
尚、ビジネスローンには500万円や1,000万円と言った極度額があるので、どれだけの資金が必要になるのに寄っても選び方が異なりますし、当然融資をする側の金利も異なるので、ローン比較を行っておく必要があります。
ネットの情報サイトの中には、ランキング形式でビジネスローンや事業性資金融資商品を紹介しているので、ランキングを利用するのもお勧めです。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top