ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

ビジネスローン利用前に金利計算のシミュレーションを

ビジネスローンとは、個人向けのカードローンのビジネス版と考えていただければよいでしょう。カードローンやキャッシングには、借りたお金の用途は契約上限定されず、どんなことに使っても構いません。

一方、ビジネスローンでは借り入れ金の用途は事業資金に限定されます。なお、ここでいう事業資金は、新しい設備や機械などを購入するための資金など、事業投資の資金には限られません。

それ以外の、オフィスの賃料や、取引先への日々の支払いや社員への給与など、事業継続に必要な運転資金に使用することもできます。

ビジネスローンの一番のメリットは借りやすさです。新しい設備の購入や新規に人材を雇い入れるため、資金を調達したいけど、銀行からなかなか貸してくれないという話をよく聞きます。

規模が小さく、工場などの資産もない中小企業や、信用のない個人事業主ならなおさらです。

しかし、ビジネスローンでは銀行の融資ほどに審査基準が厳しくありません。そのため、中小企業や個人事業主の方でも契約可能で、使いやすいローンと言えます。

ビジネスローンのもう1つのメリットは、申し込んでから借り入れるまでのスピードです。

運転資金がショートしそうな危機的な状況では、取引先との取引が停止し、最悪の場合、会社が倒産する危険性があります。そのような状況では、一刻も早く、まとまったお金を調達する必要があります。

ビジネスローンでは、審査スピードが非常に速く、契約を申し込んだその日のうちに審査結果が通知されることが多いです。

そのため、申し込んだその日のうちに借り入れを行うことも可能になり、緊急に運転資金を調達する手段として最適です。

ただ、このように使いやすい一方で、ビジネスローンの金利は銀行融資の金利よりは高めです。金利が高いと利息の支払い負担が大きくなります。

そのため、ビジネスローンを利用する際には事前に金利計算を行い、返済が事業継続の負担とならないよう、借り入れ額や返済期間を検討することが好ましいです。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top