ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

ビジネスローンで虚偽申告は絶対NG

ビジネスローンに申し込む際、審査に有利に働くのではないかと考えて虚偽申告をしてしまう方は実は少なくありません。

確かに審査に関係する部分をいい数字などに変えて申告をすると審査に通る可能性は高くなるかもしれません。しかし、実際にはそれほど甘くはありません。

審査をする側もプロですので、どのあたりに虚偽申告が多いのかということも分かっていますし、ビジネスローンは通常の個人向けのローンと比べて、ある程度まとまったお金が動くものですので審査は慎重に行われます。

そのため、申告の中に少しでも疑問が残るようなものがあった場合、細かく追及されることとなるのです。例えば、個人信用情報機関の活用や本来であれば必要とされない書類の提出などが求められることも珍しくありません。

もしも、書類の提出を求められた場合、そのまま書類を提出すると、それが虚偽申告の証拠となってしまうようなこともあるでしょう。かといって、書類にまで手を加えてしまうと、文書偽造などなんらかの法律に触れてしまう恐れがあります。

書類の提出を拒むにしても、審査に必要といわれてしまえば拒否することは難しく、その上で拒否してしまえば拒否する理由があるのだろうと考えられてしまいます。

嘘に嘘を重ねても、結局はただ自分の首を絞めるだけの結果になってしまうのです。このようなことから考えれば、安易に虚偽申告をしたところですぐにバレてしまうのがほとんどといえるのです。

また虚偽申告がバレた時点でそのビジネスローンの審査に通る可能性は0となりますし、他のビジネスローンに申し込んだところで同じ結果となります。

なぜなら、ローン会社は個人信用情報機関で情報を共有しているからです。

つまり、一度虚偽申告をしてしまうとその情報がしばらくの間、個人信用情報として残りますので、信頼できない相手ということで審査に通らなくなってしまうのです。

審査に通りたいからといってした虚偽申告が逆の結果を生み出すことになりますので、ビジネスローンでの虚偽申告は絶対にNGなのです。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top