ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

フリーターでもビジネスローンは組めます

社会人になると様々な場面でローンを組む必要な時があります。それは正社員であっても、フリーターでもあっても同じでしょう。

しかし、各消費者金融が提供しているビジネスローンは審査を通らないと組むことはできません。審査基準は色々ありますが、各社共通するのは「国籍」、「年齢」、「職業」です。

ここでの審査を通過するのに必要な職業とは「一定の収入を得ている」ことを指しているので、無職でなければ正社員でもフリーター、パートをしている主婦の方でも問題ありません。

アルバイトをきちんとこなし、毎月給料を得ているのでフリーターでもビジネスローンを組むことはできると言ってよいでしょう。

「プロミス」や「アイフル」など、大手の消費者金融でも例外ではなく、銀行によるビジネスローンの審査と比べると審査内容も通りやすいとされています。

但し、年収が高い正社員に比べると借りることができる限度額が若干低くなることがあります。これは金融機関に設けられている規制のためで、年収の3分の1以上の額を借り入れることができないためです。

例えば年収100万円の場合、借入の限度額は33万円となります。これは各金融機関によって上限額などが若干異なりますので申し込み前に確認しておくと良いでしょう。

ちなみに、一定の収入がある「フリーター」はアルバイトをしている学生も対象となります。銀行では大手の三菱東京UFJの銀行カードローンなどは学生アルバイトも10万円以内であればローンを組む事ができることで知られています。

ちなみに、上記の通り一定の収入を得ているフリーターであればビジネスローンの審査も問題ありませんが、勤続年数を重要視している金融機関もあります。

場合によっては例え正社員であっても転職を繰り返しているのであれば安定した収入であるとはみなされず、審査を通らない可能性もあります。

これは金融機関が貸し倒れになるのを防ぐために必要な手段で、フリーターやパートでも同様のことが言えるでしょう。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top