ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

ビジネスローンで過払い金請求をする

ビジネスローンと聞くと事業者向けの金融商品として知る人も多いはずです。元々は個人向けのカードローンが事業資金として使用することが不可能なため、法人向けに用意されたローンということになっています。

現在ならテレビや雑誌などで大きく宣伝されているので目にする人もいますが、この金融商品はかなり昔から用意されていたものです。

過去に利用したことがある人ならわかるのですが、実はビジネスローンはカードローンと同様に、一際高い金利が設定されていました。

これが2010年の法改正によって利息制限法が新たに変更され、グレーゾーンと呼ばれていた金利が厳しく制限されるようになったのです。

これまでかかっていたグレーゾーン金利は借り入れていた金額にかかわらず最大29.2%と高金利で、月々の返済でかなりの額を利息として支払っています。

しかし、法改正によって最大で20%までが限度とされ、それ以上の融資はできなくなっています。

また、以前から支払っていた利息分も、現在の金利で再計算され、余分に支払ったいてお金を過払い金として請求することができるようになっています。

実際に行おうとすれば専門知識が必要になるため、弁護士や司法書士に依頼することになりますが、国が請求する権利を認めているので過去に借りたことのある人なら条件付きですが誰でも請求が可能です。

条件とは時効期間のことで、過去にやり取りをしていた期間から遡って10年となっているため、現在はやり取りをしていないという場合には無効になってしまいます。

ただし、過去の契約から現在でも返済を行っている、一時的に支払いをストップさせていたという期間がある場合は、時効期間が延びるので少しでも思い当たることがある人は専門家に相談してみると良いでしょう。

過去に無駄な支払いをしていたとしても、ちょっとした理由で意外と請求が可能になるケースもあります。

特に返済期間が長ければ数十万から数百万円の返還ができることもあるので、多く支払っていたという場合は諦めずに請求すると良いかもしれません。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top