ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

ビジネスローンの返済が厳しいなら債務整理を

"ビジネスローンは総量規制の対象にならないため、計画的に使用しないと借りすぎになりやすいです。

実質年率はカードローンやキャッシングと大差ないものが多いため、借入額が大きくなると利息も相当に増えてしまいます。

500万円の借入をしても実質年率で10%超の融資になることも多く、利息の支払いが厳しくなる方もいます。p 完済する見通しが立たない場合は、債務整理をすることも考えてみましょう。

債務整理をすることで、返済を継続できる程度までローンを減らすことができます。

債務整理のできないローンは存在せず、ビジネスローンの場合も弁護士に依頼すればすぐに取り立てを止めてくれるでしょう。

延滞をすると遅延損害金が発生するので、延滞をしない借入計画を立てる必要がありますが、返済は思い通りにいかないことも多いです。

延滞を解消できない状況にあるなら、速やかに弁護士に相談しましょう。相談することで具体的な解決策が見えてきますし、当面の催促を止めることができます。

ビジネスローンの返済が厳しくなったときは、まずは業者に相談してみる手もあります。

毎月の返済額を抑えてもらう、または金利を引き下げてもらうなどの対処法がありますが、応じてもらえない場合は債務整理も考えてみましょう。

借金の問題というのは、時間が解決してくれるものではありません。放置しておくほど債務は膨らんでいくので、早めに整理するべきでしょう。pp\

ビジネスローンの金利は多目的ローンよりやや低いのが普通ですが、高額の借入をするとそれ以上の利息となります。

現在において延滞している方だけでなく、将来的に返済が無理になると考えられる方も法律事務所に相談してください。

早めの相談をすることで、債務を最小限に抑えることができるのです。債務整理の相談は基本的に無料なので、相談するリスクはありません。

相談をしてから依頼するか決められるので、相談をして解決法だけでも聞いてみましょう。 カードローンなどの多目的ローンで事業資金を調達している場合は、過払い金請求が行える可能性もあります。"

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top