ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

法人向けの融資を行う銀行のビジネスローンの特徴

法人が金融機関から融資を受ける場合、時間がかかります。
審査に数週間かかってしまい、必要なときに資金を用意できなかったり、ビジネスチャンスを逃すことも少なくありません。
また、融資に担保や保証人が必要だと、借りたくても借りられない可能性もできてきます。
そのため、法人が資金調達をしてたくても、できないケースはこれまで多々ありました。

こうした問題を解決できるのが、ビジネスローンです。
ビジネスローンは法人向けのローン商品で、審査が速く担保や保証人も必要ありません。
特に強調しておきたい特徴が、審査スピードです。
ビジネスローンでは、決算書に書かれている情報をコンピューターに入力して、融資の可否や限度額を決めます。
これまでの方法だと、膨大な書類や担保、保証人などを人の手で精査しながら、返済能力を判断していました。
そのため、審査スピードが遅く、緊急時には向いていませんでした。
しかし、コンピューターを使い判断するビジネスローンなら、審査は数日で終わります。
スピーディーな事業者だと、即日融資も可能です。
ここまでスピーディーな事業者から融資を受けられれば、チャンスを逃すこともなくなるでしょう。
申し込み時には必要な書類も少ないので、迅速に申し込みをして融資を受けることができるはずです。

一般的にビジネスローンの融資限度額は5,000万円以内となっており、期間も最長1年です。
しかし、最近は1年以上のビジネスローンも増え、長期間借り入れのできる事業者も増えています。
バリエーションが増えている理由の一つは、様々な銀行が法人向けのビジネスローンを展開しているからです。
サービスの開始当初は、メガバンクが規模の大きな法人向けに展開していました。
しかし、大手法人から中小企業向けの融資も積極的に行われるようになり、それに伴い地方銀行でも同様のサービスが開始され、そのため提供内容にも差がでています。
申し込みをするときには、比較して自社に向いているサービスを選びましょう。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top