ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

ビジネスローン延滞してしまった時には

"ビジネスローンであっても、個人ローンであっても返済をしっかりと行うことは大切です。しかし、個人ローンに比べてビジネスローンは金額が大きく、新事業の成否にも左右されるので返済が厳しくなるケースもあります。

企業の経営が立ち行かなくなると返済どころか、企業の存続へのピンチにすらなります。そこでお金を借りる際にはくれぐれも慎重にならなければなりません。

もし、それでも返済を延滞してしまった場合にはいくつか困ったことが発生します。ビジネスローンを延滞するとまず金融機関から電話がかかってきます。

自分にとって都合の悪い電話ではありますが、居留守などは使わずにその電話には出るようにしましょう。この時に正直な事情を話し、いつ返済できるかを明確に伝えることが大切です。

出来れば金融機関から電話がかかってくる前に、こちらから電話をすることが望ましいと言えます。この電話で真っ当に応対し、すぐに振り込みを行えば信用情報に傷が付くことを回避できる可能性もあります。

しかし、もし自宅への電話に出なかったり、そこで伝えた期日までに振り込みが無かったりした場合には職場に電話がかかってくる恐れもあります。

注意しておかなければならないのは返済額に1円でも足りなければ引き落としは行われないということです。

例えば10万円の返済予定がある日に、口座残高が9万円なら全く引き落されず滞納となります。自動で9万円分だけ先に引き落とされることはありません。

とりあえず今払える限界の額まで支払っておきたいという場合は、事前に金融機関に相談しておく必要があります。ビジネスローンを延滞し続けると最悪の場合、簡易裁判所に訴えられてしまうことがあります。

簡易裁判所は差し押さえ命令を出すことができるため、借り手は打つ手がほぼ無くなります。そのため、早い段階で金融機関にこちらから連絡をすることはもちろん、可能であれば弁護士に相談することが大切です。

"

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top