ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

ビジネスローンにおける信用情報とは

金融機関は利用者に対する入念な審査を行った上でお金を貸しています。闇雲に融資してしまうと返済がしっかりと行われるか分からず、金融機関の経営は立ち行きません。

そこで利用者が今までにどんな借り入れをして、返済を遅れることなく行ってきたかをチェックします。それぞれの方にお金を貸して大丈夫かどうかの指標のことを信用情報と言います。

信用情報は金融機関同士で共有されているので、初めて利用する金融機関であっても自分の信用情報を把握しています。

そのため、ある金融機関でローンを滞納してしまった後に、他の金融機関に融資を依頼すればリセット出来るということはありません。

ビジネスローンにおいても信用情報は重要です。会社には法人としての信用情報があります。

日本には信用情報を専門に取り扱う会社があり、そこではどの企業がどの程度融資を受け、滞納や延納は無いかなどのデータを保有しています。

それゆえ、毎回しっかりと返済している企業は新たな融資を受けやすく、滞納や悪い対応をしてしまった企業は融資を受けにくくなります。

ビジネスローンは高額になりやすいため、審査もやや厳しいことが多いです。そのため、一回の滞納が命取りになることもあるので気をつけておきましょう。

ビジネスローンを利用する時には代表者の信用情報も重要となります。それほどまだ事業を展開していない企業の場合は、法人としての情報が不足しています。

そこで代表者の信用情報を元に融資するかどうかを決めることがあります。つまり、いかに企業が安全な経営を行っていたとしても、代表者がローンにルーズであれば借りることが難しくあります。

これは企業によっては深刻な問題であり、そのために代表者を換えるケースまであります。

ローンとは直接的に関係がなかったとしても、金銭絡みのトラブルに巻き込まれるとマイナスの情報となることがあります。

融資を受ける立場としてお金に関しては慎重な行動を心がけたいところです。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top