ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

起業時にビジネスローンを利用する

会社を起業する際に、資金繰りをどうするかが創業者にとっては非常に頭が痛い問題です。

まず一般的には銀行に融資を申し込む方法が一般的ではありますが、これまで起業経験がなく、実績がない場合、銀行の融資を得られない場合があります。

事業計画だけではなかなか融資が下りないというのも、また現実です。しかし、融資が下りなくても事業を一度起こせば、最初の月から運転資金は発生します。

もしも運転資金に廻せるような現金資産などの余裕がない場合、起業することもままならいのでしょうか。せっかくビジネスの良いアイデアがあったとしても実現することは出来ないのでしょうか。

そこで、銀行融資よりも敷居が低いビジネスローンという方法を取ることも出来ます。

銀行融資よりも審査基準が低く、早く金融機関からお金を借りることが出来る代わりに、ビジネスローンの金利は一般的な銀行ローンよりも高めに設定されています。

起業してすぐに低い金利では融資が下りない場合などにはビジネスローンを使用し、事業が安定してきたら借り換えるという方法を取ることも出来ます。

ビジネスローンでも、起業時にはすぐに融資が出来ないという場合もあります。

希望する融資額が大きかったり、ビジネスプランがしっかりしていないと金融機関としては不安に思われることは想像に難くないかと思います。

事業実績のない企業に大事なお金を融資する訳ですから、回収不能な不良債権にすることは金融機関側も絶対に避けようとします。

そこで、事業実績のない新規起業の会社には不動産などの担保を課す金融機関もあります。もし万が一会社に何かあったとしても、金融機関側は担保を手にすることが出来ます。

ビジネスローンも、金融機関によって金利や貸付の条件は千差万別です。出来れば低い金利で長期間借りたいと起業家の方は考えると思います。

条件を比較する為にも、複数の金融機関のビジネスローンを比較し、起業を成功させてください。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top