ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

審査の時間が短く審査も厳しくないビジネスローンの借入

事業資金専用のローンの一種であるビジネスローンは、銀行だけではなく消費者金融や信販会社など多くの金融機関で提供しています。個人事業主や中小企業が対象で、審査時間が短く、担保・保証人が不要で提出書類も少なめなのが特徴です。

また、総量規制の対象外となるので利息を経費として計上できるのもメリットと言えます。

ただし条件が合わないと借入が難しいことや、決算書で審査を通過しなかった場合には融資審査の時期が1年後の決算期になってしまうので注意が必要です。

経営者にとって資金繰りは頭の痛い問題で、運転資金、設備投資など常に金が出回っているため、手元に余裕資金があることはあまりなく、急に資金が必要となった場合において厳しくなる個人事業主や中小企業は多いです。

このようなケースの場合、借入で資金を調達するのですが、公的融資は手続きに時間がかかり、銀行は審査が厳しく即座には融資してもらえないのが現状です。そこで審査時間の短いビジネスローンが注目されているわけです。

金利においては公的融資や銀行からの融資に比べると高めですが、それ以上に無担保、無保証人でスピーディーな融資なのが魅力です。

このビジネスローンにおいては、銀行融資の審査に落ちた人、または審査が通る自信のない人、すぐに事業資金を到達したい人にはお勧めです。

そしてメリットを挙げれば、即日融資が可能なところもあるなど対応が早い、振込融資によるサービスがあるなど利便性が高い、銀行の融資に比べると審査通過率が高い、担保・保証人は不要、総量規制の対象外などです。

このなかでも年収の3分の1以上の借り入れができない総量規制の対象外で、利息を経費として計上できるのは経営者にとってのメリットは大きいはずです。

一方、注意しておかなければいけないデメリットは、上記でも述べたように金利が高め、融資に比べ限度額が低い、常に悪徳業者が存在することです。

ビジネスローンで借入するときにはメリットを最大限に活かし、デメリットはできるだけ避けることが大切です。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top