ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

ビジネスローンにおける保証会社の役割

ビジネスローンは、事業にかかわる資金を融資するためのものですので、一般的な個人を対象としたローンとは、性格がかなり異なることになります。

そのため、ビジネスローンの借り入れの申し込みにあたっては、保証人を要求する銀行や消費者金融なども多いといえます。

もっとも、個人事業主向けの、金額がそれほど大きくないようなビジネスローンであれば、保証人が必要ないものも、探せばそれなりにあるものです。

また、特に消費者金融が提供しているようなビジネスローンの場合には、やはり保証人不要、担保不要として、事業者がより資金を借りやすくしているものも多いといえます。

このようなビジネスローンについては、保証人のかわりとして、保証会社が保証債務を肩代わりしているのが一般的です。

保証会社は、通常は銀行や消費者金融が指定した会社のみで、その系列会社であることが多いといえます。

もしも借りた人がなんらかの事情でお金を返済することができなくなってしまった場合には、この保証会社が銀行や消費者金融に対する返済を行うことになります。

そのかわりとして、一定の保証料がこの保証会社に対して支払われるほか、ビジネスローンの申し込みの時点でも、保証会社の審査が入ることになります。

また、銀行のビジネスローンの場合であれば、保証会社が保証債務を引き受ける場合もありますが、それぞれの都道府県にある信用保証協会のほうが、保証債務を引き受けることになっているケースも多いといえます。

特に、地元の市町村の役場、都道府県庁などを経由して、公的な融資制度の枠組みのなかでお金を調達する場合には、あらかじめこのような信用保証協会保証債務付きになっている可能性があります。

それだけに、融資の条件や審査の内容は、消費者金融などを経由するものよりも、しっかりと行われることになりますが、金利や返済期間、据置期間などは、借り手にとってかなり有利のものとなっています。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top