ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

総量規制の対象外となるビジネスローン

ビジネスローンは中小企業や個人事業主のための金融商品とされ、個人向けカードローンの法人版となっています。

個人向けカードローンは使用目的が決まっておらず、生活費の足しにしたり、欲しいものを購入するための資金として使用することができます。

ブランドもののバッグや自動車の頭金など自由に使用できますが、事業資金として使用することは禁止されています。

そのため、事業資金として使用できるようにしたのがビジネスローンです。

ただし、カードローンとまったく同じようにすると問題が発生するため一部の例外もあります。個人向けでは借金の返済が難しくなるのを避けるため、貸金業法で年収の3分の1を超えた借り入れができないよう総量規制がかけられています。

しかし、法人向けビジネスローンでは企業が運転資金を扱うことから大きなお金が動くので、例外として総量規制の対象外となっています。

ビジネスローンでは個人事業主の場合、確定申告書や事業計画書などの提出が求められます。

資金使途が事業資金であることや返済能力が超えない範囲であることが認められるのであれば、年収の3分の1を超えたお金の借り入れが可能となります。

ただし、年収の3分の1を超えないのであれば事業計画書などの提出は求められないこともありますし、希望額が50万円以下の場合は確定申告書の提出も不要な場合があります。

一長一短となっているので、どの程度の金額を必要としているか、自分と会社がどれだけの規模となっているかを見極めてから申し込むと良いでしょう。

ビジネスローンでは総量規制の対象外となるため年収の3分の1を超えた借入ができるのですが、実際には申込者が年収を超えた高額融資を受けるという状態になります。

そのため、個人事業主は安定収入が少なく信用もないので、実際に総量規制を超えた金額を融資してもらうのは難しくなっています。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top