ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

サラ金からビジネスローンを借りる方法

事業の資金を借りる場合、銀行を選ぶ人も多くいます。しかし銀行のローンは審査も厳しく、さまざまな書類が必要になります。

さんざん待った挙句に契約ができなかったというケースも少なからずあり、特に資金をすぐに必要としている個人事業主や中小企業の経営者はローンの契約で頭を悩ませたこともあるでしょう。

銀行からの融資が厳しい場合、消費者金融、いわゆるサラ金から事業向けの資金を借りる方法もあります。

消費者金融は貸金業法の総量規制の対象となっていますが、ビジネスローンのように事業向け資金に関しては総量規制の対象外です。

そのため銀行からの借り入れのように収入に関係なくまとまった資金を借りることができる可能性があります。

消費者金融からお金を借りる場合でも、一定の書類は必要になります。確定申告書などの収入がわかる書類、事業を証明することができるような、取引先からの発注書、事業計画書などです。

事業計画書は銀行が求めるような厳密なものではなく、去年の売り上げ、今年の売り上げ、来年の売り上げ見込みがわかるようなもので問題ありません。

消費者金融のビジネスローンは事業性資金以外にも利用することができ、通常のカードローンで総量規制対象外となっているものだと考えておけば間違いありません。

収入が少なくてもまとまった借り入れができれば、金利は引き下がる傾向にあります。申し込みをする消費者金融によって、どの程度まで貸し出しができるかは判断が異なります。

収入が下がれば融資額が下がってしまうこともありますので、収入証明書を再提出する機会があった場合は注意しなくてはなりません。

概ね2年から3年に1回は収入証明書の再提出が必要になります。収入が増えた場合は積極的にデータを更新し、増額できないか相談してみるのもよいかもしれません。

利用額が増えなくても限度額が増えれば、金利は下がることがあります。経費をたくさん計上していると年収は低く判断されてしまいます。過度な節税は借り入れに対してはマイナス効果となりますので、覚えておきましょう。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top