ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

ビジネスローンは信販会社がおすすめ

ビジネスローンは、大きく分けると銀行の事業融資と、信販会社や消費者金融のノンバンク系のビジネスローンの2種類があります。

銀行の事業融資についても、ビジネスローンと呼ばれることがありますが、法人経営者を対象にしており、個人事業主は対象となっていないことが多いです。

また、銀行の事業融資の場合、ほとんどのケースで会社の代表取締役を連帯保証人にすることを求められます。

最大で1億円の融資に対応している銀行もありますが、数千万円という高額融資を受ける時には、土地や建物を担保に入れることが必要になるでしょう。

一方、信販会社や消費者金融はノンバンクと言われますが、ノンバンク系のビジネスローンは無担保・無保証で借りられるところが多いです。

銀行の事業融資では、審査に1週間~1ヶ月程度がかかる傾向がありますが、ノンバンクならば最短で即日で審査結果が出ることもあります。平均すると、2日~1週間程度で融資が実行されるようです。

ビジネスローンの審査では、業歴が重視されます。事業を始めてから1年未満の場合には、審査に通ることは難しくなります。

理想を言えば3年以上の業歴があったほうが良いですが、1年以上の業歴があれば融資を受けられる可能性はあります。

事業計画と資金計画に関する書類の提出も必要ですが、書類の書き方で失敗して、信用を落としてしまっているケースもあります。正しい書類の書き方についても下調べをしておきましょう。

ノンバンク系のビジネスローンは手軽に借りられて便利ですが、金利が高いということと、借りられる金額が少額になりやすいということがあげられます。

ノンバンク系でも連帯保証人を用意できたり、土地などを担保に提供すれば高額な融資を受けられる可能性は上がりますが、それでは手軽に借りられるというメリットが損なわれるので、銀行の事業融資を利用したほうが良いかもしれません。

ケースバイケースとなるので、しっかりと比較をして、一番良いビジネスローンを選ぶことが重要になります。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top