ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

事業資金の調達は金融機関のビジネスローンを利用しよう

会社などの組織を運営していると、毎月資金のやり繰りで悩むことがあります。運営資金や設備資金など、様々な用途に資金を割く必要があり、何時でも資金に余裕があるとは限りません。

もし、急に多額の資金が必要になった時は、金融機関を利用して資金調達するという手があります。金融機関ではお金を融資してくれるサービスを提供しています。

会社などの組織が金融機関を利用してお金を借りる時は、ルールや規約を守って、なるべく損をしないサービスを利用したいです。

会社などの組織が事業資金の調達をする時は、1番最初に公的融資を検討すると良いです。公的融資は国や自治体からお金を融資してもらえる制度です。

手続きが大変で時間が掛かるので、急な出費には対応できません。しかし、金利は1%~5%程度と低く、他のサービスよりも金利が低いので支払利息の負担が少ないのが特徴です。

2番目は銀行のローンサービスを検討すると良いです。銀行のローンサービスは基本的に事業資金として使うことを禁止しています。事業資金は会社の運営資金や設備資金、交通費や通信費など、売上や利益を得る為に使われる活動資金全般を指します。

しかし、銀行のローンサービスを生活費として使う分には何の問題もありません。事業にお金を割いて生活が苦しい時に利用すると良いです。金利は公的融資よりも高く設定されています。

そして、1番最後にビジネスローンを検討します。ビジネスローンは消費者金融やクレジットカード会社が提供しているサービスです。

手続きが簡単なので、申し込みしてからその日の内にお金を借りることが可能です。保証人や担保も不要で、インターネットで申し込みすることができます。

ビジネスローンは使い易い代わりに、金利が高いというデメリットがあります。金利が高いと支払利息も増えるので注意して利用したいです。

ビジネスローンを利用する時は、急な出費に対応する時やすぐに返済できる当てがある時に利用したいです。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top