ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

ビジネス目的でのオートローンの利用

銀行などが提供している自動車関連のローン、いわゆるオートローンについては、個人向けでのお金の貸し出しを目的としたものは当然ながらあり、かなり幅広く利用されているといえます。

しかし、はじめから個人向けと銘打って募集されている金融商品というのは、いくら金利や返済期間などの条件がめぐまれていたとしても、基本的には事業の目的では使えないと考えたほうがよいといえます。

そのため、こうした場合には、ビジネスの用途で利用できることを最初から明記しているような、ビジネス向けオートローンに申し込みをすべきであるといえます。

ビジネス向けの場合の特徴としては、セダンやステーションワゴンなどといったありふれた乗用車ではなく、たとえばトラック、バスなどといった、もともと高額で取引されているような車両の資産価値を存分に活用するということがポイントになっています。

こうした車両を担保として提供することによって、別の車両の購入資金に充当したり、あるいはその他の事業資金として利用したりということが可能になります。

この場合の車両は担保になることからかならず企業として、あるいは個人事業主として、所有権をもっているものでなければならず、たとえばリース方式で取得しており、実際の使用者は別であっても、所有権としての名義はリース会社にあるようなものは対象にはなりません。

また、割賦販売で購入しており、返済が完結していないために、信販会社などの名義がまだ残っている車両についても、やはり同様に対象にはならないといえます。

あまり例はないとみられますが、リースや割賦販売などのほか、第三者の権利がその車両に付帯しているようなものも同様です。

対象となる車両を購入するために、同じ銀行で別のローンをすでに借り受けているといった場合にも、やはりビジネス向けオートローンは適用されません。

その他の融資条件に関しては、取り扱いをしている銀行などの金融機関によっても異なります。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top