ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

ビジネスローンの審査について

会社を経営する為には運転資金を用意する必要があり、基本的に銀行からの融資を受けるケースが多く見られます。しかし他に資金繰りを行う方法として、金融機関が提供するビジネスローンと呼ばれる借入れ方法が存在します。法人や個人事業主、自営業などを営む場合に便利な借入れ方法です。

ビジネスローンには銀行やノンバンク系、政府系金融機関などの種類があります。ビジネスローンの審査に通過する為の最低条件として、基本的に申し込み時点で税金の未納がない、2年から3年以上の業歴がある、最新の決算期において債務超過でないことがあげられます。申し込みを行う金融機関によっては、事業計画や収支計画等の提出が求められることもあります。けれどこれらはあくまで申し込みの条件であって、書類を提出できても審査に通るとは限りません。審査の厳しさは金融機関によって異なり、銀行のビジネスローンは提出書類も多く審査が厳しいのが特徴です。審査が厳しい分、金利が低いというメリットもあります。銀行のビジネスローンを利用する場合、決算書の提出が欠かせません。決算書からは収益性や安全性などを判断され、経営能力や業界内での位置づけなど様々な項目が考慮され点数化し、スコアリングが行われます。スコアリングが高ければ高いほど、審査には通りやすくなるわけです。

ノンバンクのビジネスローンの場合は、銀行系と比べて審査がゆるく、提出に必要な書類も少ないのが特徴です。その分、金利が高いというデメリットがありますので、借り入れを行う金融機関はよく考えて選ぶのが大切です。ノンバンクは審査がスピーディーというメリットがあり、資金調達の時間に余裕がない時に役立ちます。また、返済期間も銀行で借り入れを行った場合より、長く設定されています。銀行系以外のローンは総量規制により借り入れの限度額が決まっていますが、ビジネスローンは総量規制の対象外なので利用が制限されることがありません。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top