ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

アルバイトをしている人がビジネスローンを利用したいときは

個人事業主がもっとも頭を悩ませる事柄は資金繰りについてですが、蓄えがそれほどない場合は、どこかから借りて、乗り切る必要があります。

公的融資を受けたり、銀行ローンを利用できれば良いのですが、公的融資は手続きに時間がかかりますし、銀行は審査が厳しいので、スピーディーにお金を手に入れるのは難しいでしょう。

今すぐに資金が必要な場合は、民間のビジネスローンを利用することをおすすめします。

民間のビジネスローンなら、銀行とはちがい、担保も保証人もなしで借入できますし、スピード審査で短期間で融資が受けられるところが多いので、いざというときは助かります。

ただし低金利で返済しやすい公的融資や銀行からの融資に比べると、かなり金利が高いので、利用するときはよく考えてから決めるようにしてください。

借りても返せなくなると、ビジネスを継続できなくなるので、返済計画をしっかり立ててから利用することが大切です。

個人事業主の中には、サラリーマンや派遣社員、アルバイトなどの仕事もしていて、そこでも収入を得ているという方も少なくありません。

そのような方がビジネスローンの申し込みを行う際は、そちらの勤務先を記入した方が、有利になる場合があります。

店舗を持たない個人事業主として、ビジネスローンを申し込むよりも、きちんとした勤務先のあるアルバイトとして申し込んだ方が、スムーズに審査を通過しやすいといわれています。

もともと自営業の人は、給与所得者に比べると、毎月決まった金額が口座に振り込まれるわけではなく、安定した収入がないので、あらゆるキャッシング審査で不利になります。

もし合格することが出来たとしても、10万円~30万円程度しか借りられない場合がほとんどです。

自営業で高収入を得ているなら、もっと多くの金額を借りられるでしょうが、そうではない人の場合は難しいので、アルバイトの収入の方が多いなら、そちらの勤務先を記入するようにしてください。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top