ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

フリーランスとビジネスローンについて

フリーランスの人がビジネスローンを借りることはできるのでしょうか。これはもちろん可能です。というか、むしろフリーランスの人のほうがビジネスローンを借りたいと思うことは多いかもしれません。

ビジネスローンというのは、借りたお金の使用目的が事業目的に限定されるものを指します。

事業目的とは、たとえば自営業の人が自分の経営する事業のため、商品の仕入れ代金に充足するとか、従業員の給与支払いにあてる、あるいは事業拡大のために新規店舗開設資金とするなどのために使うことを指します。

これに対して、自営業の人であっても自分や家族の個人的な目的のために使う場合、例えば旅行資金にするとか、普段の生活費にあてるなどというのは事業目的には該当しません。

フリーランスの人の場合、仕事は単に請負のみで特に自分で事業を経営しているわけではない人もいるかもしれませんが、一方で自分で事業を経営している人も多いでしょう。そういう人の場合はまさにこのビジネスローンに該当します。

とくに、普通はこのような事業目的で必要とされるお金は金額的に多くなります。個人的な目的のためであれば数十万円から多くても数百万円程度もあればまかなえることが多いでしょうが、事業目的の場合は普通に考えて数十万円で足りることはあまりないでしょう。

最低でも数百万円単位の金額が必要になることが多いはずです。そしてもちろんビジネスローンはこのような需要に対応していますし、数千万円単位でお金を借りることができるケースも多いです。

ただし、注意点としては、事業目的でお金を借りる場合は、当然ながら審査されるのもその人個人だけではないことです。

個人の収入がどれくらいかということではなく、その事業としてどれくらいの売上げがあり、どれくらいの利益が出ているのかということが審査の対象になってくるわけです。

収入以外の様々な属性についても同様で、その事業としての信用度が問われるわけです。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top