ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

ビジネス目的でのリフォームローンの利用

銀行などが取り扱っている一般的な住宅ローンといえば、基本的にはマイホームとして使うために住宅を新築したり、あるいは中古で住宅を買い取ったりという目的に限定されます。

そのため、すでにある住宅を、家族構成の変化にあわせて間取りを変更したり、あるいは老朽化してしまった部分を手直ししたりといった、ちょっとした目的のためにお金を借りたいのであれば、リフォームローンとよばれる種類のものを申し込むのが便利であるといえます。

こうしたリフォームローンでは、担保を要求されるものもないわけではありませんが、いまでは無担保で貸し付けが受けられるようなものも増えてきています。

ただし、そうした無担保で条件がよいリフォームローンというのは、基本的には借りた本人やその家族などがみずから居住するための住宅に限定されており、たとえば賃貸収入を得るために投資目的で購入しているような住宅については対象外ということがほとんどであるといえます。

もしもビジネスの目的でお金を借りたいのであれば、住宅金融支援機構が提供している賃貸住宅リフォームローンなどといった、特別なしくみを利用するのが適切であるといえます。

この場合、不動産会社を営んでいるような法人だけではなくて、サラリーマン大家として片手間にビジネスを営んでいる個人であっても、特に問題にはなりません。

ただし、この制度では担保としてその住宅に第一順位の抵当権を設定させなければならないほか、連帯保証人についても要求されるため、一般的なローンにくらべると、なかなか条件としてはきびしい部分も出てくるのは事実であるといえます。

そのため、こうした特別な制度にたよるといったことではなく、民間のカードローンなどの、小規模であまり審査なども厳格ではないものを活用して、大口の資金需要がある場合に限って、住宅金融支援機構の制度を利用するといった使い分けをしているようなケースもよくみられるところです。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top