ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

事業用の借金ならビジネスローン

中小企業を経営している方、あるいは、個人事業を行っている方にとって、事業を継続していく上で最も重要なのが、資金繰りです。

どんなによい商品やサービスの提供を行えても、手持ちの運転資金が枯渇するとおしまいです。取引先への支払いができなくなって信用を落としてしまいますし、社員への給料も支払えなくなります。

そうならないために資金調達が重要なのですが、大企業のように増資や社債発行などができない中小企業や個人事業主の場合は、資金調達の手段は多くありません。

一番に考えつくのが、銀行から低い金利で借金することです。今は低金利時代で融資先に困っているだろうから、銀行も簡単に貸してくれるだろうと思ったら大間違いです。審査の厳しさは相変わらずで、小さい会社や個人にはなかなかお金を貸してくれません。

そこで、銀行からの融資が受けられず困ったな、という方におすすめなのが、ビジネスローンです。

ビジネスローンは、法人や個人事業主に対して、事業継続に必要な資金を貸し出すローン。そのため、契約時には、法人を経営している、あるいは、事業を行っていることを証明する資料が必要です。

ビジネスローンは、貸し付けたお金の用途が限定される点で、個人向けのカードローンと異なりますが、それ以外は両者の間で共通点が多いです。

その1つがローン契約時の審査です。ビジネスローンの審査基準は、銀行の融資と比べて緩く、また、審査のスピードは速いです。

契約の申し込みからその日のうちに審査結果が出ます。審査に通過したらそのまま手続を完了することにより、その日のうちにお金を借り入れることも可能です。

運転資金が枯渇しそうで緊急に資金を調達しないといけないときに、ビジネスローンは大変役立ちます。ただ、個人向けカードローンと同様、審査が緩い分、銀行融資と比べれば金利は高めに設定されています。

そのため、一時的な資金繰りのために利用するとしても、長期的には収益悪化につながりますので、ビジネスローンに頼りすぎないことが大切ですね。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top