ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

事業用の資金を借り入れするには

事業用の資金を借り入れするためには、そのためのローンを組む必要があります。いわゆるカードローンは、事業目的は除くとされており、事業用に使うことはできません。あくまでも個人としての利用に限られているのです。そこで、自営業者や中小企業が会社として使う資金の借り入れをするためには、そのための専用のローンを組む必要があるのです。このような借り入れには、個人向けのカードローンとは異なるいくつかの特徴があります。

まずは、融資金額が比較的大きいことです。個人向けカードローンであれば、融資金額は数十万円から多くても数百万円程度でしょう。これがビジネス向けのローンとなると、金額が一桁違ってきます。最低でも数百万円、場合によっては数千万円というお金を借り入れることができます。個人で使うお金と会社が使うお金は全く桁違いであるのが普通ですから、これはある意味当然と言えます。

次に、金利が比較的低いです。ローン会社としてはもちろん融資する資金の金額に比例した利息を得たいのは当たり前ですが、お金を貸すにはその他のいろいろな事務手続きが発生します。申込みを受け付けたり、審査を行ったり、契約書を発行したり、お金を振り込んだり、万が一返済が遅れた場合に督促したりといった事務作業です。このような事務作業は、もちろん融資金額によって重みは異なるでしょうが、実際にかかる時間という意味ではさほど違いはありません。10万円貸す場合であっても1000万円貸す場合であっても審査や契約書にかかる時間に100倍もの差はないのです。となると、比較的少額のお金を貸す場合には相対的に利率を高くして事務手続きにかかるコストをまかなうようにしないと、労多くして得るものが少なくなってしまい、割が合いません。逆に比較的高額のお金の場合は、相対的に金利を低くできるのです。
また、申込みにあたって必要な書類についてはカードローンよりも多くなることが普通です。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top