ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

自営業の方がカードローンを利用するには

自営業の方は、一般的な会社員よりはお金を借りづらいことで知られていますが、そこまで審査内容は変わらないと言えます。ただ、限度額は比較的低めに設定されてしまうことがあるようです。自営業の他にも、フリーランスの方などは、カードローンなどをスムーズに契約するために審査が通りやすくなる知識などを付けておきましょう。

まずローンの審査を受ける際には、会社員よりも必要書類が多いため、必要書類について把握しておきましょう。カードローンの会社によって必要となる書類は異なりますが、例としては、確定申告書、見積書、事業計画書、請求書、受注書、営業許可証などがあります。準備するのに時間や手間がかかるものもあるので、なるべく早くから用意しておいたほうが良いでしょう。必要書類の他にも、利用する目的を明確にしておかなければなりません。利用する目的は大きく2つに分けることができ、プライベート用と事業用となります。銀行系のカードローンでは借りたお金を事業用として使うことが許されていないため、覚えておきましょう。金融業者は、消費者金融系のカードロンから申し込みをしたほうが良いとされています。理由としては、そちらの方が審査が通る確率が高いためです。ただ、銀行系のカードローンのほうが金利が低いため、長期的にみると銀行系の方が利用しやすいものとなっています。手続きの際に希望借入額を記入しますが、こちらは低い額で申込したほうが審査に通りやすくなります。申し込んだ際に、限度額が10万円ほどにしかならない場合もあるようです。

自営業の方がカードローンを申し込む時に気を付けることとしては、開業したばかりの方ですと、審査が通りづらく落とされてしまう可能性が高いと言えます。開業してから3年経ち、安定して収入がある場合は審査に通りやすいようです。自営業者に対応しているカードローンの業者もあるため、開業して間もないという方はそちらの利用を検討してみましょう。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top