ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

銀行では事業資金を融資してもらうこともできる

消費者金融では、提供しているサービスが、カードローンのサービスしかなく、個人が申し込むことはできても、法人が申し込むことができないので、事業資金を融資してもらう目的で利用することは基本的にできません。
しかし、銀行は法人の融資の申し込みを受け付けているので、事業資金として利用する目的でお金を借入れることもできます。
新たに開業するための資金を融資して貰いたい場合は、しっかりとした創業計画を立てて、銀行が提示する要件を満たした創業計画書を作成する必要があります。
創業する事業内容が、充分に収益を見込めるような内容になっているかどうかによって、銀行が融資できる金額が変わってきます。すでに、長い間経営を継続していて、大規模な設備投資などに踏み切るために、銀行に改めて融資を申し入れるという場合もありますが、そのためには、その企業の経営状況が把握できる財務諸表などを提出する必要があります。

消費者金融が提供するカードローンのように、インターネットを利用して申し込むことができて、消費者金融のスタッフとほとんどやり取りをしなくてもお金を借入れることができるようなものではなく、何度も銀行に足を運び、融資担当者をコミュニケーションをとって、信頼を勝ち取る必要があります。
また、新たに事業を起こした経験がない人が、銀行の融資担当者が納得できるような内容の事業を提示するためには、コンサルタント会社の力を借りる必要が出てきます。
コンサルタント会社は、開業の経験をしたことがない起業希望者の相談を、たくさん受けているので的確なアドバイスをしてもらうことができます。
また、起業希望者の方の融資希望額が適切でない場合も、どうしてそんなに多くのお金が必要なのかを分析することができるので、銀行からお金を貸し出してもらえる確率を上げることができます。
このように銀行では、様々な事業をお金を貸し出すという形で、強力にサポートしています。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top