ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

法人が事業資金を借入したいときに便利なビジネスローン

法人が事業資金を借入したい場合、様々な資料、担保、第三者連帯保証人を用意しなければいけません。
申し込みをした後は審査が終わるまで1週間以上待ち、合格すればようやく融資を受けることができます。
このようには法人が事業資金を借入したい場合、手間や時間がかかるのが問題です。
資料の準備、審査に耐えうる資産、第三者連帯保証人になってくれる人探しなど、申し込みだけでも手間です。
これでは、目の前にあるビジネスチャンスを逃してしまい、法人の成長を阻害する原因になりかねません。
こうした状況を変えることができるのが、ビジネスローンです。

ビジネスローンは、法人を対象とした無担保ローンです。
申し込みをするときに、担保や第三者連帯保証人を用意する必要はありません。
また、審査に必要な書類も少なく、申し込みに手間がかからないのも特徴です。
さらにビジネスローンには、審査が速いという特徴もあります。
ビジネスローンの審査はスコアリングと呼ばれ、コンピューターが融資可能か判断します。
人間が判断するのではなくコンピューターが判断するので、借入までのスピードが速くなるのです。
申し込みに手間がかからず審査に時間がかからないビジネスローンなら、目の前にあるビジネスチャンスを逃すこともありません。チャンスが訪れれば素早く申し込みをして借入をすれば、自社の成長を促すことができるでしょう。
法人が事業資金を借入したいときには、最適な方法となるのです。

ただし、ビジネスローンには条件もあるので、申し込みの前には確認しておきましょう。
特に確認しておきたいのは、返済期間についてです。
法人を対象としたビジネスローンでは、返済期間は1年以内が基本です。
借入をしてから1年以内に返済する必要があるので、申し込み時にしっかりとした返済計画を立てておく必要があります。最長で5年に返済期間を設定しているビジネスローンもありますが、基本的に短期の借入に法人が使うローンです。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top