ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

事業用資金融資の金利について

事業用資金の融資を受けたいときには、そのための専用のローンを申込む必要があります。個人向けのカードローンなどで借りたお金を事業用に使うのは契約違反になりますし、契約云々以前の問題として事業用の資金には到底足りないことが多いでしょう。さらに、金利の面でも大きく違うことが多いのです。普通、個人向けのカードローンでお金を借りると、金利はだいたい18%程度でしょう。実はこの金利というのは上限が法律で決まっています。10万円以上100万円未満の場合は上限が18%とされていて、実際にはほとんどのローン会社でこの上限一杯の利率を設定しているからです。

ところが事業用資金の融資を受ける場合には、金利がこれよりも大幅に少なくなることもあります。半分くらいになることも珍しくありません。ただし、単に事業用だからというだけの理由で少なくなるわけでは決してありません。これには理由があるのです。一番大きな理由は融資の金額です。個人向けの場合は数十万円といったレベルのお金であることが多いでしょう。百万円を越えるようなことももちろん可能ですし、金融機関によっては数百万円レベルのお金を貸してくれるところもありますが、そういうお金を借りられるのは限られた人だけでしょう。

一方で事業向けの場合、おそらく数十万円レベルのお金を借りるというようなことは普通考えられません。最低でも数百万円、時としては数千万円規模のお金が必要になってくるでしょう。個人がお金を借りる場合でも同じことですが、借りる金額が多くなればなるほど金利というものは下がる傾向にあります。元本が大きければ多少利率が低くなったとしても十分な金額の利息、つまり利益がもたらされることになるためです。ただし、もちろんこれは一般的な傾向という意味での話であって、個別にはそれぞれの事業の実態、黒字なのか赤字なのか、将来性はどうなのかなどが審査された上で決定されることになります。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top