ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

法人向けのビジネスローンとは

法人が金銭的な融資をうける場合にはローンを組むことになります。そのなかでも無担保で第三者連帯保証人の必要ないものを「ビジネスローン」とよびます。申込を行える人は業歴1年以上の個人事業主や法人格を有する事業の代表者で成人してるなどがあげられますが融資先によって条件が異なります。銀行が行っているビジネスローンが多いですが中には民間企業がおこなっているものもあります。

借りられる金額は50万円ほどから最大5千万円までと様々です。銀行以外のクレジットカード会社や消費者金融などがおこなっているビジネスローンは「ノンバンク系」と呼ばれます。ノンバンク系のメリットとしては担保や保証人が不要で即日融資が可能など対応が早く審査が通りやすいことです。デメリットとしては限度額が低く金利が高く、まれに悪徳業者などが存在しているため注意が必要だと言う点です。

ノンバンク系は銀行以外からの融資となるため総量規制の対象にもなります。総量規制は年収の3分の1までとなっているので金額はあらかじめ確認してから申し込みを行うことが大切です。事業資金としての利用が目的の場合では事業計画書などの必要書類を提出すると総量規制の対象外となることもありますので確認しておきましょう。

法人向けのノンバンク系のビジネスローンは金利がとても高いというデメリットがあります。資金調達を行う必要がある場合には他にも公的融資や銀行のビジネスローンなども視野に入れて検討するようにすることが大切です。手続きが分かりにくいという面もありますが法人向けの公的なローンには日本政策金融公庫や日本政策金融公庫ローンなどがあります。

公的なものは金利1~5%ほどと低いですが審査に時間がかかる場合も多くあります。判らないことが多い時には都道府県や市区町村の各自治体の窓口の無料相談をうけてから検討すると良いでしょう。信用保証協会や日本政策金融公庫でも相談を受け付けているので参考にしてみて下さい。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top