ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

個人事業主が借入を行うためには

一般的に気軽にお金を借りられるサービスを提供しているのが消費者金融ですが、消費者金融は個人向けの小口融資を目的とした貸金業者であり、借入れたお金は事業性資金としては使うことができません。
このため消費者金融を利用するさいの条件として事業用途の借入としては利用できないとほとんどのケースで明記されています。
一方で、個人事業主向けのサービスとしては、事業者金融と呼ばれるものがあります。商工ローンとも呼ばれるもので内容そのものは消費者金融と同じで限度額を設定してその範囲内で借入が可能なものです。消費者金融では、個人の生活費の補填などに使われますが事業者金融では、主につなぎ融資など資金繰りに使うことを基本としています。金利に関しても消費者金融と同等ですが、借入金額が大きい場合には利息制限法に則って金利が下がっていきます。また本格的な事業向け融資ではなくつなぎ融資という性質が強いため無担保、連帯保証ともに不要なケースがほとんどです。

事業者金融を利用するまでの手順としては、消費者金融と同じで申し込みを行って審査を受け、それに通ればすぐに借入が可能になります。このさいに審査の対象となるのが事業の収益性です。事業が上手く行っていない場合には利用は困難です。
一方で事業者金融を利用するさいには総量規制の対象外になりますが、限度額を多く設定するほど事業の内容が審査されることになるので厳しくなります。ただ借入限度額が多ければ多いほど金利も下がるので有利になります。
また利用するメリットとしては、銀行に比べると審査の通過率が高いということで、対応も早く急ぎで資金を調達しなければならない場合に特に有利です。また事業者金融の中には担保ローンを提供しているところもあり、時間は掛かりますが、担保を差し入れることによって借入限度額を多くすることができますし、また低い金利での借入も行うことができるメリットがあります。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top