ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

ノンバンクからの融資について

ノンバンクというのは銀行以外の金融機関を指します。一般的には消費者金融と呼ばれるようなローン会社を指すことが多いでしょう。ノンバンクからの融資にもいくつかの種類があるのですが、これまた最も一般的には保証人不要、担保不要で、比較的少額のお金を借りる、いわゆるカードローンと呼ばれる融資です。
ノンバンクからこのような融資を受けようとする場合、注意しなくてはならないことの一つに総量規制というルールがあります。これは、あらゆるノンバンクからの融資金額を合計して、その人の年収の三分の一までしか借りられないとする国のルールです。一つだけのカードローンではなく、他社からのカードローン借入も合計して三分の一までなのです。

このように書くと、すぐに疑問が生じるでしょう。自社からの借入は当然として、他社からの借入金額など分かるものなのでしょうか。答えはもちろん分かるようになっているのです。分からないのであればこのようなルールなど絵に描いた餅であり、実効性など保てるはずがありません。どんな金融機関からであっても、融資を受ければその内容は実はある機関で一元的に管理されているのです。新たな申し込みを受けたノンバンクは、その機関に問い合わせを行い、他社からの借入金額を把握するというわけです。

もう一つの疑問としては、一体本人の年収をどのようにして正確に把握するのかということでしょう。これも抜かりはありません。それぞれのノンバンクによっても若干基準は異なりますが、ある程度以上の金額の融資を受けようとすると、年収は本人の申告だけでは済まないようになっています。客観的に分かる書類の提出が求められ、例えば源泉徴収票などが必要とされます。これを見れば、それこそ年収は1円の単位まで明確に分かるようになっています。ちなみに、一定以下の金額であれば求められないことも多いですが、それは、その程度であれば通常は年収の三分の一よりもはるかに低い金額だからでしょう。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top