ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

大手事業者金融の特徴とは

事業者金融とは貸金業者のうち事業向け資金を融資している貸金業者のことです。
いわゆる消費者金融の場合には個人向け融資を行っている貸金業者であり、消費者金融で借りられるお金の用途は事業用途以外と明記されているのがほとんどで、事業用途に使うことはできませんし総量規制の対象にもなるため借り入れられる額は制限されます。
このため事業用途としてはあまりメリットはなく個人事業主などが事業性資金を借入れるためには、事業者金融を利用するか、消費者金融でもビジネス用途への利用を認めているビジネスローンを利用するのが一般的な方法です。これらのサービスを利用する理由としては、緊急時の資金繰りに対するお金をすぐに用意できるということで、主につなぎ融資が主な用途になります。

事業者向けのローンサービスを提供しているのは、専業の事業者金融のほか大手消費者金融が提供しています。アコムやプロミス、モビットなどが有名で、このほか銀行系では三菱東京UFJ銀行のバンクイックやオリックス銀行のVIPローンカードビジネス、楽天スーパーローン、新生銀行カードローンレイクなどがカードローンに事業性用途の借入を認めています。一方で専業としてはビジネスパートナーや、アイフル系のビジネクスト、ライフティなどがあります。いずれも特徴としては、すばやい審査と融資までの早さです。特に消費者金融の場合には即日での対応が可能です。一方で専業の場合には時間がかかる傾向にあります。

なお事業者向けの融資では、大手でも中小でも、総量規制の対象外です。これは個人ではなく事業者に対して融資が行われるためで、総量規制を超えて融資を受けることが可能です。もちろん無担保・無保証人ですが、この場合には事業が上手く行っている必要があり、また事業規模に見合った借入しか行うことができませんが、専業のところでは有担保ローンを提供しているところもあって、借入限度額を増やすことができますし低い金利での利用が可能です。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top