ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

会社の資金調達を行う時には

いつでも手軽に必要なお金を借りる事ができるサービスがカードローンです。
本人が働いていて、安定した収入を得ていれば利用する事ができるようになっています。
カードローンは使用目的を問わずに利用できる事でも人気となっていますが、事業目的以外での使用が条件になっています。事業目的が外されているのは、事業者向けのビジネスローンが用意されている為です。
消費者金融を利用する場合、個人の借入であれば、年収の1/3を越えて借入をする事ができないようになっています。

ですが、事業用に関しては、この制限がなくなる為、高額な融資を受ける事も可能になります。
更に、一般的なカードローンと同じように、担保や保証人も必要とせずに利用する事ができます。
その為、手軽に必要なお金を借入する事ができると人気になっています。
ただ、一般的なカードローンは身分証明書のみで契約可能等、少ない書類で手軽に契約できる上、審査時間も最短30分と短めなのに対し、ビジネスローンの場合は、用意する書類が多くなり、審査にも時間がかかる事になります。

ですから、利用をする為には多少、手間がかかる事になります。
ただ、契約が完了し利用ができるようになっていれば、会社の資金調達に困った時等、便利に利用する事ができます。限度額が高めに設定されている事が多い為、会社で多額な資金が必要になった時でも、慌てずに対応する事ができるようになります。
用意する書類等の手間を考えると、ビジネスローンの契約は大変と考えてしまう人は少なくありません。
個人事業主や中小企業の経営者で、それ程、高額な資金を必要としない、本当に困った時だけ利用したいと考えるのであれば、カードローンで良いのではないかと考えてしまう人も珍しくありません。
ただ、カードローンで借りる事ができる金額の上限等を考えると、多少手間がかかっても、会社の資金調達の為にはビジネスローンを考えておく事がおすすめです。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top