ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

開業資金を調達する方法とは

開業するにはたくさんの資金が必要となります。昨今ではインターネット広告などを活用することによって資金を節約することが可能になりましたが、それでも個人の力で資金を用意するのは至難の業です。開業資金を調達する方法としては株式を発行する方法と、銀行に借りる方法があります。株式を発行することによって様々な方に株を買ってもらえれば資金が集まります。会社ならば最も一般的なスタイルですが、開業前の会社やお店の株式が売ることは難しく、現実な方法にはならないケースが多いです。そこで多くの方は銀行に開業資金を借りることによって、お店や会社をスタートさせます。ところが、銀行はそう簡単にお金を貸してくれません。個人のカードローンやフリーローンであればリスクが低いので比較的容易に借りることが出来ますが、開業資金となれば話は別です。借りる額は高額であり、返済できるかどうか不透明なので銀行の厳しい審査をクリアしなければなりません。

開業資金を銀行に借りるときは自らの開業プランを銀行に示します。資金の使い道はもちろん、採算がどの程度取れるか、客層と立地が噛み合っているかなど様々な要素が審査の対象となります。銀行は数多の事業家のプランを見てきた経緯があるので、当たりそうな計画とそうでない計画を高い水準で見極めます。その審査をクリアするためには予算を削減できそうなところは徹底的に削減し、開業への熱意を示さなければなりません。日銀の金利が低いうちは銀行が一般の方々へと投資する意欲を持っていますが、だからといって審査が簡単になることはありません。ただ、一度開業資金の借り入れを断られてしまっても、開業の計画を再度練り直せば審査を突破できる可能性があります。中には何度も何度も断られても諦めずに開業まで漕ぎ着けた方もいます。熱意を持って何度も開業プランを練るということはそれだけ開業したいという気持ちがあるということであり、その気持ちの部分も資金融資における重要な判断材料となります。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top