ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

お金の借り入れ。商工ローンの特徴

商工ローンは貸金業者であるノンバンク系のローン商品のことです。現在ではビジネスローンとも呼ばれていますが、実態としては事業者金融のことを指し、事業用途の資金の借り入れを利用することができるものです。 商工ローンの特徴としては、貸金業者を所管する貸金業法にある総量規制の適用範囲外であるため、経営者の年収の3分の1以上の限度額も設定することができます。また審査に関しても緩やかな傾向にあり、一定の条件が整えば個人事業主でも簡単に借り入れが可能ですし、連帯保証人も必要ありません。使い方に関しても消費者金融などのキャッシングと同様に限度額内であればいつでも借り入れが可能で、急に現金が必要になった場合などに有益です。

一方で注意すべき点がいくつかあります。ひとつはノンバンク系の場合には事業規模が銀行と比べる小さいため資金量に余裕がないケースがほとんどです。また自社の資金量が少なく銀行から借り入れてそれを又貸しする形で融資を行っているケースがあります。このような事業形態のため金利が高く利息制限法一杯に設定されているところがほとんどです。このため大手でも上限金利が18%と高利であり、多額のお金を借り入れて長期間に亘って返済するというのには不向きです。
またリスクとして、商工ローンを提供している業者自体が経営が傾くと資金を回収するために、些細な理由をもとにして一括返済を求めてくる可能性があります。このため商工ローンを利用する場合にはその業者の経営状態を把握する必要があります。このため商工ローンはつなぎ融資として利用するのが一般的な使い方です。

なお、無担保が原則ですが、有担保ローンを提供しているところもあります。この場合には担保があるので、金利が低めに設定され、また事業そのものの収益性が悪くても担保の価値で限度額が設定されるので、より多くのお金を通常の方法よりも低い金利で借り入れすることができます。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top