ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

独立開業の融資をスムーズにするために

いろいろな業種で独立、開業を考えている人に大きく立ちはだかるものが資金です。どんな業種であれ、絶対に必要になってきます。その資金調達は自己資金だけでまかなえる方は少なく、銀行、金融公庫などに融資をお願いすることが多いです。開業をスムーズにするために融資を円滑に通すためには事前準備がいろいろと必要になってきます。独立するうえでまず重要なのは、どんな業種で独立するのかです。その業種である程度売り上げ、売り先が見えていなければなりません。経験をもとに、どういったところに、どういう形で、どれくらい売れるのかが見えなければなりません。まず銀行に融資をお願いする前にこういったことを含めた事業計画書を作成します。どういったもの、サービスをどんな客層をターゲットにどういったようにどんな価格で販売し、どのくらいの仕入れで、どれくらいの経費が掛かり、どれくらい利益があるのか、販売するためにどんな設備がいくらくらいで必要となってくるのか、販売に掛かるランニングコストはどれくらいなのか、売り上げの目安や、低調時の売上、年間の売り上げ計画、3か年、5か年計画など売上をメインとしてどれくらいの融資が必要なのかを事細かに事業計画書に記入していきます。

銀行などの金融機関はその事業計画書をもとにこの会社、個人事業主に融資をして開業して事業がしっかりと計画通りに営業され、返済も滞りなく順調に返済してくれるかを試算します。実際のところ、融資は銀行などの金融機関も重要ですが、信用保証協会からOKが出なければおりません。事業計画書をしっかりと作成し、その計画書を見て信用保証協会の審査員など目の前で話していない人にもわかりやすく利益が順調に出せます。ということを証明しなければなりません。口頭で目の前の銀行員だけを説得しても融資は受けられません。必要なものをひとつひとつ箇条書きでも良いので書き出します。独立開業の融資においてこの事業計画書は最重要項目です。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top