ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

会社における資金調達の方法

会社を継続させていくためには、経営のための資金調達が欠かせません。創業当初は少ない資金でも経営が可能ですが、やがてどんどん成長していくと、投資や配当など様々な場面で資金が必要となります。そこで、会社における資金調達の基礎を知っておきましょう。
まずは、金融について把握しておく必要があります。金融とはその名の通り、世の中でお金を融通し合うことをいい、特にお金を必要とするところに、お金が余っているところから流れていくことでお金が回ることになります。そして、金融には直接金融と間接金融が存在し、会社における資金調達の方法はこれらに準ずることになります。
直接金融とは、会社が株主や債権者などの利害関係者から直接的にお金を提供してもらうことであり、具体的な方法としては、新株発行や自己株式の処分、社債の発行などが挙げられます。このように、お金を提供する側とされる側が直接繋がっていることから、直接金融とよばれます。

間接金融とは、会社が株主や債権者などの利害関係者から直接的にお金を提供してもらうのではなく、銀行から融資してもらうことが当てはまります。これがなぜ間接金融になるのかというと、銀行が融資するお金の原資は一般の人々の預金によって賄われています。したがって、結果的には銀行を介して、株主や債権者などの利害関係者を含む一般の人々から間接的にお金を提供してもらっていることになるため、この方法は間接金融とよばれます。
そして、会社がどの方法によって資金調達を行うのかということは、非常に重要な意思決定になります。なぜなら、それぞれの方法によってコストが異なるからです。結論から述べると、資金が必要となったときに優先して用いられる順番として、コストが全くかからない会社の内部留保、返済の義務がある銀行からの借り入れ、最後に一番コストがかかる新株発行などの増資が選択されることになり、この理論をペッキング・オーダー仮説といいます。
資金調達の戦略がしっかりとしている企業は、企業間の競争の中でも生き残っていける可能性が高くなります。まずは基礎的なことを押さえて、有利に行えるようにしましょう。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top