ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

個人事業主はカードローンの契約ができるの?

金融機関の審査基準は各会社によってことなります。そのため、中には個人事業主が契約することは難しいカードローンも存在しています。特に銀行系カードローンの審査が厳しいところでは、「正社員のみ」としているところもあります。そのため個人事業主以外でも、主婦や学生、アルバイトは契約できないものもあります。銀行からの借入は金利も低く、事業の負担も少ないメリットがありますが、個人事業主はこうした有利な条件でまとまった金額を借りることはできないのでしょうか。

実は個人事業主にターゲットを絞ったローンも存在しています。「自営者ローン」や「ビジネスローン」などとした名称で提供されています。こうした商品の大きな特徴は、商品の提供元が消費者金融でも、総量規制の対象外になっています。総量規制は年収の3分の1以上の貸し出しを禁止する法律です。個人事業主は自分で確定申告をし、経費の計上を行いますが、実は年収とは経費を引いたあとに残った金額のことを指します。1000万の売り上げがあっても、経費が800万円あれば年収は200万円という扱いになります。また、事業所得や給与所得以外から発生した収入も年収には計算されません。節税対策をしっかりしている人や、本業以外に収入がある人は実は年収が低くなってしまっていることもあり、通常の総量規制対象の借入はあまりまとまった契約ができないこともあります。総量規制対象外のビジネス向けのローンでは、年収に関係なく信用によって契約金額が決まります。そのため個人事業主でもまとまったお金を借りることができますし、限度額が大きくなれば、より金利の低い有利な契約をすることもできます。ビジネス向けのローンでかかった利息負担も経費に計上することができますので、ダブルでお得なのです。個人事業主の人は早期に借り入れをこうしたビジネス向けの商品でまとめてしまうと良いでしょう。ビジネス向けと言っても、通常の生活決済に利用することもできますので、利便性が大きく損なわれることもありません。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top