ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

事業主が利用できるローンについて

事業主が利用できるローンを用意している金融機関はあります。これは民間でもですが、国や地方自治体が用意しているものもあります。国や地方自治体が用意しているローンはあまり知られていません。これは広告をしていないからで、利益を追求する民間と違って支援を目的とする国や地方自治体では広告に費用をかけてまで宣伝をすることが出来ないからです。ですから、事業主は自ら探してこうしたローンを探す必要があります。中小規模の事業主であれば、かなり融資を受ける上で好条件のローンが用意されているので、まずは国や地方自治体が提供するものから考えるのが基本といってもいいでしょう。審査も民間よりも厳しくはないので、審査を考えても手続きの手間を考えてもメリットが多くあります。

民間と国や地方自治体が提供するローンとの違いは考え方の違いです。収益を目的とするところと支援を目的とするところとでは、考え方が違うので、この違いがサービス内容に如実に出てきます。まずは金利負担が大きく異なります。民間と比較すると格段に国や地方自治体が提供するローンは金利が安くなっています。その上ローンの返済期限がかなり長くできたりと、返済の条件もかなり手厚いものとなっています。これは、支援を目的としているので、お金を貸すことで収益を上げようとするも民間とは根本的なところで違うからです。収益を上げなくても、事業者が事業を続けていくことで景気が良くなったりして、雇用がうまれたりすることを考えているわけです。つまり、社会全体としていい影響が出るようになる事を考えているので、このようなサービスを提供しているというわけです。事業主としては大きな負担となる債務を背負うよりは、こうした支援を目的としたサービスから選ぶようにした方が大きなメリットがあります。場合によっては借り入れではなく、支援金というかたちで、お金を支給されるようなこともあります。これも支援を目的とているからです。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top