ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

無担保のビジネスローンに関して

中小企業や個人事業主でも、資金を借りたいという場面が訪れることがあり、物づくり関係で設備や土地があれば、それを担保にすることもできますが、物づくりでない場合は担保の提供が難しいので、お金を工面するのに苦労が伴います。そのようなときに、力強い味方になってくれるのがビジネスローンと言っていいでしょう。
原則的には、スピーディな決済、無担保、連帯保証人も不要でお金を貸してくれるからです。
時代背景もあって誕生した融資方式で、中小企業を中心に貸し出しを拡大するという国の指導のようなものもあって誕生したとも言われています。

取り扱っているのは、銀行系とノンバンク系に分類でき、大手の銀行もそれぞれ対応しています。融資限度は金融機関によって異なっています。銀行系はノンバンク系に比べると金利が安いのですが、その代わり審査に時間がかかります。スピーディな決済ということが特徴のビジネスローンですが、金利との関係で相対的に時間がかかるというわけです。ノンバンク系はその代わり金利は高いということになります。ただ、ノンバンク系の中には、いかがわしい業者も混じっているので、この点だけは要注意です。ノンバンク系という場合、預金業務を行わないで、銀行からの借り入れをもとに融資する仕組みで、わかりやすく言えば消費者金融関係ですので、一つ間違えば、利息が払えなくなり、雪だるま式に借金が増えて、自己破産への道につながってしまうということも無きにしも非ずだからです。
もう一つ、無担保や保証人が要らないということは、借りる方にとってはとても都合の良いメリットということになりますが、担保や保証人を用意するローンに比べれば、相対的に利息が高くなるということは、承知しておく必要があります。

そして、審査についてですが、会社が債務超過に陥ったり、前年度決算が赤字であると借りることが難しくなります。税金の未納も同じことになります。
つまり、このローンは、事業開始当初とか、業績順調で事業拡大したいというようなときは便利ですが、調子の悪いときには難しいので、借りるタイミングにも注意が必要になります。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top