ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

企業の資金調達の方法は?

企業の資金調達の方法として、最も一般的なのが銀行融資となるでしょう。銀行のビジネスローンなら、最高で5000万円程度まで借りられます。銀行によっては、最高で1億円の融資をしてくれるところもあります。基本的には担保は不要ですが、場合によっては土地などの担保を求められることもあります。原則として企業の代表者が連帯保証人にならなければなりません。

土地や建物などを担保に入れてもよいのなら、不動産担保ローンで借りるという手もあります。ケースバイケースですが、不動産担保ローンを利用したほうが有利な条件で借りられることのほうが多いでしょう。

消費者金融や信販会社が提供している事業者ローンやビジネスローンを利用するという手もあります。銀行に比べて金利は高めですが、無担保・保証人なしで借りられます。消費者金融や信販会社の事業者ローンなら、企業の代表者が連帯保証人になる必要もないことが多いです。消費者金融の事業者ローンは個人事業主の人も利用できるのが特徴です。審査の結果は2日~3日程度で出ることが多く、急いで借りたい人にも向いています。銀行のビジネスローンでは、審査に1週間~2週間程度かかるのが一般的であり、場合によっては1ヶ月以上かかることもあります。

企業の資金調達の方法として、ソーシャルレンディングという方法も登場しています。ソーシャルレンディングはお金を貸したい個人投資家と企業を結ぶサービスです。まだ新しいサービスなので法律が十分に整備されていないという問題点などもありますが、新しい資金調達の方法として期待ができます。

また、最後の手段としてファクタリングという方法もあります。ファクタリングは手数料が高額なので、資金操りが悪化した企業がとる最後の手段と言われていますが、いざという時のために知っておいたほうが良いかもしれません。

このような方法がありますが、やはり社会的な信用も高い銀行からの融資が一番安心できるでしょう。資金操りが悪化する前に銀行融資を検討しておきましょう。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top