ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

個人事業者が利用出来るローンをご紹介

個人事業者と言うのは、法人格ではないけれど自らが起業してビジネス展開を続けている人々の事を意味しています。 最近は、年収が700万円を超えている場合、税金面で優遇を受けられる事からも会社設立を行う個人事業者も増えていますが、個人事業主として経営を続けている人々も大勢います。
会社規模になった場合、資金の調達先と言うのは、銀行と言うケースが多くありますが、銀行は経営状態が安定している、資金を融資して利息を含めてきちんと返してくれる会社に融資をする傾向が強いため、個人事業者のように経営状態が不明確な場合には融資をしてくれないケースもあります。

また、独立をしたばかりの個人事業者の場合は、経営初心者でもあり融資を行う銀行の数は少ないのが特徴です。
そのため、資金繰りが難しい事を知っているため、ある程度自己資金を作ってから事業を開始する人は多いわけです。最近は、ビジネスローンなど個人事業者を対象にしたローン商品を用意している銀行や消費者金融も多くなっています。
銀行や消費者金融にはフリーローンやカードローンと言った個人向けのローン商品がありますが、こうした商品は事業性資金として使う事は出来ないため、資金繰りに困っていてもお金を使えないのです。
しかし、銀行や消費者金融の中には事業性資金専用ローンと言うものがあり、ネットで申し込みから契約までを完結出来る消費者金融や銀行も多く、その都度銀行の店舗窓口まで出向く事なく融資を受ける事が出来ると言う利便性も備わっています。

大手の消費者金融などの場合、個人事業者専用カードローンと言う名前で、商品紹介を行っている所もあります。
尚、個人事業者が事業性資金として融資を受けたいと言った時、それぞれの消費者金融や銀行のホームページを巡回するのは手間もかかりますし、時間の無駄になります。
そこでお勧めなのが、情報サイトなどにあるランキングサイトで、こうしたサイトを利用すると、個人事業者が使えるカードローンをランキング形式で紹介しているのでお勧めです。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top