ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

個人事業主のビジネスローンについて

個人事業主の人がビジネスで使うお金を借りたい場合は、ビジネスローンを申込むことになります。個人名で申込むカードローンやキャッシングは、そこで借りたお金をビジネス向け、つまり事業のために使うことはできません。よく、個人事業主の人は、自分が個人として使うお金と、事業つまり会社として使うお金とを混同しているような人もいますが、両者は本来はっきりと分けるべきものです。個人の名前で借りたお金はあくまでその個人が使えるだけであって、個人事業主であっても会社として使うお金はきっちりと分けないといけません。

もちろんそれを流用したところで、そもそも両者を明確に分けていないような場合は分からないのかもしれませんが、そんなことをしては決算のときに間違いなく困ったことになります。会社として入ってきたお金と出て行くお金との収支が合わなくなり、粉飾決算などということになるかもしれません。だいたい、個人的に借りることができるお金など、事業の側から見れば微々たるもので、ビジネスのためには全く足しにならないというか、焼け石に水であることも多いでしょう。

ビジネスローンといっても別に難しいことではありません。一般的に比較的多額のお金を借りることになるでしょうから、それに応じて金利も低くなるのが普通です。ただし、審査に関しては個人とは別の観点で、その事業としてどうなのかということが審査の対象になります。決算はどうなっているのか、資金計画はどうなっているのかなどが問われますし、ここが重要なところですが個人事業主その人は連帯保証人とされることも多いです。つまり、お金を貸すほうとしては、事業をしている会社と、会社の経営者である個人とは明確に分けて物を考えたうえで、片方をもう片方の連帯保証人としているというような意味です。もし会社として返せなくなったような場合は、個人の資産を売却してでも返済する必要があるということになります。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top