ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

ビジネスローンは、専業主婦でも申し込めます

何かと便利なビジネスローンですが、専業主婦の女性でもお金を借り入れる事ができるのかを見ていきます。

ビジネスローンの申し込みには金融機関によって少しずつ違いはありますが、ほとんどの金融機関で安定した一定の収入がある事を申し込みの条件にしています。

それ以外にも法人の会社経営者や個人事業主などが条件に入っています。

この条件のなかに主婦ではいけないという事はありませんので、自分でお店や事務所等を個人事業主として経営している専業主婦の女性ならビジネスローンに申し込む事ができ、審査に通る事ができれば借り入れが可能になってきます。

ただ、多くの個人事業主の場合赤字である事が多く、赤字の時はビジネスローンには申し込む事ができないので注意が必要となります。

専業主婦の女性が個人事業主になるためには、税務署に開業届を提出する必要があります。開業届は税務署に取りに行くか、ホームページからダウンロードをして必要な事を記入し、税務署に提出をします。

また、県税事務所や市町村などの自治体にも提出が必要になってくる事があるので、しっかり確認をしましょう。

開業届の提出には注意が必要です。この開業届の提出は、お店や事務所などで事業を開始したら1ヶ月以内に税務署へ提出しなければなりません。

この開業届を税務署に提出しなければ、経費などの申告の際、不利益が生じてしまう事があります。

開業届を提出する前までに支出したお金は、経費として申告する事ができなくなってしまうのです。そのような事にならないように、開業時の忙しい時ですが、計画的に提出をする必要があります。

このように専業主婦の女性でも個人事業主になればビジネスローンの申し込みが可能になってきます。このビジネスローンには銀行系のものと消費者金融系の2種類があります。

この2種類の大きな違いは、銀行系のビジネスローンは消費者金融系のものよりも利率が低く設定されています。

また、消費者金融系のビジネスローンは、利率は高くなっていますが比較的早く借り入れができます。どちらの場合でも、計画的に借り入れる必要があります。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top