ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

ビジネスローンのメリットとデメリット

ビジネスローンとは、自営業や個人事業主など中小企業に向けたローンの1つです。ビジネスローンの大きな特徴として、審査のスピードが速く、無担保かつ第三者連帯保証人も必要ありません。審査がスピーディーという点は他の数多く存在する金融商品と比べても魅力的で、一般的には3日から5日、最短では1日で審査が完了するものもあります。なぜビジネスローンの審査が速いのかというと、審査方法に理由があります。審査にはスコアリングと呼ばれる仕組みが利用され、データーベースに申込者が提出した情報を、コンピューターが瞬時に融資額や金利、返済期間など判断を行います。他にも、通常の融資などよりも、ビジネスローンは審査に必要な書類が少なく、手間を省略することができます。素早い融資を受けられるので、事業資金が緊急を要する場合に非常に便利です。

しかし、ビジネスローンはメリットだけでなくデメリットもありますので、融資を受ける時は両方の特徴をよく理解しておく必要があります。ビジネスローンは他の金融商品と比べると金利が高く、長期的な借入に適しているとは言えません。あくまでも次の融資が決まるまでのつなぎとしての利用方法や、緊急事態に対処するための融資と考えておきましょう。もしも融資が必要になったら、まずは公的融資や銀行を検討し、その方法が利用できなかった場合に、あくまでも緊急避難的な手段としてビジネスローンの利用を検討して下さい。 現在の法律では、銀行以外からの融資を受けると総量規制の対象になります。総量規制では個人の借入限度額は年収の3分の1までと定められていますが、いくつか例外規定も設けられています。利用の目的が事業資金で、さらに(直近の確定申告書や事業計画書などの必要書類が提出できる場合は、総量規制の対象外として扱われます。そのため、銀行以外の金融業者が運営する場合でも、事業者向けの借り入れは総量規制の対象外になっています。

ビジネスローンの説明はこちら

ビジネスローンとは

Top