ビジネスローンで事業融資を受ける方法
ビジネスローンで事業融資を受ける方法

「銀行で借りようとしたけど審査が通らなかった」「来店なしで借りたい!」

個人事業主の方や中小企業の社長さんは早急に資金調達をしたいはずです。しかし公的機関や銀行からの融資は時間も手間もかかります。


銀行などの長い期間の審査が待てない方は担保不要、保証人も原則不要なノンバンクを考えてみましょう。


事業資金を借りる場合は、3営業日で借入可能な「ビジネクスト」がオススメです!

ビジネクスト

ココに注目!最大限度額1000万円!

ビジネクスト

ビジネクストの特徴まとめ

  • 保証人、担保不要!
  • 年会費、保証料無料!
  • 申込みから融資まで来店不要!
審査時間 融資までの目安 実質年率 利用限度額
最短即日 最短3営業日 100万円以上8.0%〜15%
100万円未満13.0〜18.0%
1000万円

※業歴が2年以上あれば申し込めます。

公式サイトで詳細を見る

↑審査が最短即日で完了↑

ビジネスローンとは

緊急時はビジネスローン

ビジネスローンとはおもに中小企業の法人経営者や、個人事業主向けの金融商品(ローン)のことを指します。金利は高めですが銀行融資よりも審査が通りやすく、一時的な資金調達方法としては1番良い選択と言えるでしょう。

●ビジネスローンを使うメリット

もともとビジネス系の融資は銀行が得意とする分野でしたが、ノンバンク系の会社は担保や保証人がいらないという点が特徴で、融資スピードの早さは他社の金融商品と比べても最大の魅力です

また運転資金、従業員の賞与支払い、納税のための資金など幅広い用途に自由に使うことが出来ます。融資された資金はコンビニATMなどでキャッシングすることができます。

●総量規制に引っかからない

通常の消費者金融のカードローンですと総量規制の関係で年収の3分の1までしか借りれませんが、ビジネスローンは総量規制対象外で借りることが出来ます

●無担保・保証人なしでOK

ビジネスローンは銀行や不動産担保ローンと違い、無担保・保証人なしで借りることが出来ます。しかし借りる限度額は数百万程度に抑えられます。

一方、有担保のビジネスローンは、より大きい金額を低金利で融資してもらいたい時に便利なローンです。しかし、不動産を担保にする場合は抵当権の設定が必要になるので、無担保ローンより審査期間が長くなるため、急ぎで資金調達をしたい場合は不向きです。

●デメリットはあります

公的な機関や、銀行融資と比べると金利が高いので、融資までに1ヶ月前後待てる方はそちらで借りた方が負担は減るでしょう。しかし日本政策金融公庫などは条件や審査が厳しく、審査に通らないという中小企業は多いようです。

まとめ

以上のメリット・デメリットからビジネスローンは短期資金にとても向いていることがわかります。例えば「次の売り上げが入金されるまでのつなぎにしたい!」など緊急性がある場合のみ、利用するのが一番良い利用方法です。

注意すべき点は返済出来る範囲で借りるということです。便利だからといって必要以上に借入をするのは、深みにはまる恐れがあります。利用する時は「一時的に使う!」と決めて、返済が苦しくならないようにしましょう。

ビジネスローンを利用した口コミ体験談ビジネスローンを利用した口コミ体験談

持ってて良かった!

私は個人事業主として働いています。とあるお客様からの支払いが滞り、資金繰りに苦労する時期がありました。公的融資や銀行から融資を受けようとしましたが、審査が厳しくて残念なことに審査が下りませんでした。

そこで民間のビジネスローンを利用することにしました。公的融資や銀行と違い無担保かつ無保証人で借入できました。何より以前利用したサラ金のように融資までがスピーディなことが助かりました。

もちろん金利は公的融資や銀行とカードローン比較すると高くなってしまいましたが、民間のビジネスローンを利用することでなんとか資金繰りを行うことができ、ピンチを乗り越えることができました。

おかげで現在も個人事業主として仕事を続けることができています。ビジネスローンは、金利に気をつけて賢く利用することが大切だと感じました。

緊急時に助かった

経営している会社が不景気の為資金繰りに困った時にビジネスローンを利用しました。取引先の銀行から事業資金融資を受けようとも思ったのですが、審査に時間が掛かる事もありお金がすぐに必要だったので申し込む事が出来ませんでした。

どこでお金を調達するかを悩んでいた時に、知り合いからビジネスローンの話を聞き、すぐに借り入れが出来るのならと思いも申し込みをしました。

ビジネスローンは来店不要で申し込みが出来ましたし、審査も思っていたよりも早くて契約もすぐに出来て助かりました。契約が済めば即日融資をして貰えたのですぐに必要なお金を手に入れる事が出来て、会社の急場をしのぐ事が出来ました。

ビジネスローンは返済も自分の都合に合わせて出来ますし、保証人が必要ないので有り難かったです。

妻に知られることなく利用できました

就職したIT企業で5年間働いて自信がついたので、IT関連のサービス会社を起業して個人事業主になり2年が経ったところです。あるプロジェクトに事業資金を使い切ってしまい、どうしても必要なIT機器等を買う資金が無くて困ってました。

銀行などに融資してもらいましたが、どこも短期での資金援助難しくて困っていた時に、消費者金融のビジネスローンの広告をみて、ダメ元で相談に行きました。

書類をもらって審査をすると、学生の頃に作ったクレジットカードの時ほどではありませんでしたが、比較的短期間で審査が通りました。それで必要なIT機器を購入する事ができて、事業を始める事ができました。

返済したらもう利用しないと思ってましたが、事業をやっているとどうしても急遽必要な資金が生じるので、その都度便利になので、何回もビジネスローンを利用してます。ビジネスローンの中には即日融資を行っている会社もあるため、適宜、必要な時に利用させてもらっています。

ビジネスローンはこちら

ビジネクスト

ココに注目!最大限度額1000万円!

ビジネクスト

ビジネクストの特徴まとめ

  • 保証人、担保不要!
  • 年会費、保証料無料!
  • 申込みから融資まで来店不要!
審査時間 融資までの目安 実質年率 利用限度額
最短即日 最短3営業日 100万円以上8.0%〜15%
100万円未満13.0〜18.0%
1000万円

※業歴が2年以上あれば申し込めます。

公式サイトで詳細を見る

↑審査が最短即日で完了!↑

スモールビジネスローン ビジネスパートナー

ココに注目!新規ご利用の方のみ、45日間無利息!

オリックス

スモールビジネスローン ビジネスパートナーの特徴まとめ

  • 担保不要!
  • 保証人原則不要!
  • 来店不要で手続き完了!
審査時間 融資までの目安 実質年率 利用限度額
最短即日 審査通過後、最短翌日 9.98%〜18.0% 500万円

※業歴が2年以上あれば申し込めます。

公式サイトで詳細を見る

↑初回に限り、45日間無利息!↑

ビジネスローンの審査は甘い?

ビジネスローンは事業を行うために資金を借りるものなので、事業の見通しがしっかりとしていなければ審査はなかなか通りません。その点では審査は厳しいとも言えますが銀行ほどではありません。審査の厳しい順番は銀行>公的融資>ノンバンクとなります。

特に高額のビジネスローンになると貸し手側もリスクを回避したいが故に、細かくチェックします。

ただ、その審査の厳しさは銀行とノンバンク(消費者金融やカード会社)ではやや異なっています。銀行はたくさんの預金を保有しているため、1つ1つの融資から大きな利を得る必要がありません。そのため、金利がやや安いというメリットがあります。

ところが、銀行は無理にリスクのある取引に手を出す必要もないので審査は厳しく行っています。そのため、既に他のビジネスで実績を上げている方や信用を構築している方にはおすすめですが、初めて借りる方は審査を通らなかった時のことを考えておく必要性が高いです。

一方でノンバンクのビジネスローンでは、他社と競い合って優秀な融資先を自社の顧客にしなければならないので、銀行に比べると審査がそれほど厳しくないと言われています

ノンバンクでは銀行や他の業者との差別化を図るためにサービスを充実させています。その典型例がスピード融資やインターネットでの申し込みです。ビジネスローンを申し込むときは審査の厳しさや金利の低さばかりに注目してしまいがちですが、他のサービスを踏まえて業者を選ぶことが大切です

ビジネスローンは赤字でも借りられるのか?

ビジネスローンは赤字でも借りられる可能性はあります。特にビジネクストであれば赤字でも債務超過でも事業資金融資が可能です。大手銀行では債務超過の場合は申し込めないことがほとんどですが消費者金融系のビジネスローンであれば見込みはあります。

赤字であっても返済能力があるかという点を主に見られます。売り上げが伸びていることや、資産をどれだけもっているかも申告しておくべきでしょう。

銀行からの借り入れがあってもよいのか?

全く借り入れがない場合より、過去に受けた融資を完済している実績があると評価が高くなります。金融機関などが共通して使っている信用情報機関の情報を見れば過去の履歴はすべてわかりますので、正直に申告するのも大事です。

ネットビジネスをやってる人でも借りられるのか?

毎年確定申告をしていて安定した収入があれば問題ないです。ただし一時的に大金を稼いだような場合だと難しいようです。

ネットビジネスには日本政策金融公庫が良いでしょう。その中でも「新創業融資制度」という制度は新しく事業を始めたい方、事業をスタートしてから税務申告を2期終えていない方が対象です。

ネットビジネスは稼いでいる方は別ですが、これからやろうとして高い金利でローンを組むのは止めておくのが最良の選択かもしれません。自己資金でコツコツやって周りに迷惑をかけないようにすることをおすすめします。

住宅ローンがあっても借りられるか?

住宅ローンは家を担保にして借りているので、別のローンに影響はしません。

業歴が1年未満でも申請できるビジネスローンはあるか?

銀行はもちろん消費者金融のビジネスローンでも業歴1年未満の方は申し込めません。

ビジネスローンの審査基準

ビジネスローンの審査に通るための最低条件

1~2年以上業歴がある、税金の未納がない、最新の決算期において債務超過(負債の総額が資産の総額を超えること)でないことが挙げられます。

1. 決算書のチェック

1~2年分の収支がわかるものを提出します。法人の場合は決算書、個人事業主の場合は確定申告書です。ただし、決算や確定申告から時間が経っていて、次の決算まですぐの場合は直近の収支報告なども必要になる場合があります。

2. 現在の借入状況・返済実績

個人のカードローンでも見られる情報ですが、いまどれくらいの借入があるか。過去に延滞や、事故などを起こしていないかなどの情報を調べられます。もし現在滞納があればノンバンクでも融資は難しくなります。また過去に滞納がなくしっかり返済をしていると評価が上がります。

3. 民間調査会社の情報

事業者ごとの信用情報を集め、その情報を売っている民間調査会社の会社情報チェックです。よく利用されてるのは東京商工リサーチ、帝国データバンクなどです。これらの会社から決算期の前後に訪問を受けたことがある方もいるでしょう。零細企業や個人事業主でも、依頼があれば調査の対象になります。

4. 税金の支払状況

税金が未納でも通る場合はありますが、なぜ未納なのか必ず説明できるように準備はしておきましょう。

5. 資産のチェック

現金はないけど資産(現金に換えられる資産)がどれだけあるか、というのも重要な評価基準になります。

6. 事業歴

創業2年未満ですと銀行は難しいです。長く続いていれば当然評価は高くなります。創業前であれば日本政策金融公庫やノンバンクを選択するべきです。

7. 特許や資格

その事業者がどれだけ特別なことをしているか?というのも返済能力に繋がります。他社がマネできない製品やサービスは価値が高いので、貸す方としては貸し倒れの危険性がありません。

ビジネスローンの審査通過のコツ

ビジネスローンの賢い借り方を紹介します。ファイナンスの失敗=倒産・廃業に繋がるわけですから、審査に落ちるわけにはいきません。審査通過率が高いのは、消費者金融系と信販会社系です。審査通過に必要な条件とは、その企業の業歴です。開業して1年未満ならまず困難だと言われており、最低1〜2年の業歴が必要です。なぜなら提出書類に決算書が含まれており、開業して1年未満なら決算書が提出できないケースもあるからです。

ウソは書かない

事業計画書をきちんと作成することです。企業の略歴や事業内容を詳しく書き、主な取引先を書きます。また資金計画と返済計画をしっかりと間違いなく書くことが重要です。特に数字は見られる箇所なので具体的に書くことが大切です。

ビジネスローンの審査ではウソがわかると融資はしません。自信がないからといって売り上げを多めに書くなどは絶対にやめておきましょう

決算書が重要で、これによって審査の可否や融資額が決まると言っても過言ではありません。

決算書とは、法人概況説明書・勘定科目明細・貸借対照表・損益計画書・販売費一般管理費明細・製造原価報告書・株主資金変動計画書のことです。これらを2〜3年分用意するように求められる場合もあります。

特に損益計画書が詳しくチェックされ、黒字か赤字か損益の幅が確認されます。赤字の場合や多額の融資を希望される場合は、保証人を立てるのも有効な手段となります。

特に個人事業主は赤字があれば融資が困難となるので、副収入などがあれば申告しましょう。

審査が通らないときは希望額を減らす

どうしても審査が通らない方は額を減らして申し込むことも有効な手段です。貸し手側は高額であればあるほど、融資にリスクが伴います。

万が一、踏み倒されると大きな損失になるからです。少額を借りてしっかりと返済するということを繰り返し、信用される借り手になれば高額でも借りやすくなります。逆に返済滞納などは今後の借り入れに大きな悪影響を及ぼすので、必ず滞納しない返済計画を立てましょう。

ビジネスローンの必要書類

ビジネスローンの必要書類について説明します。ローン会社によって必要書類は大きく変わりますので、申し込みの際は公式ページを確認しておきましょう。主に法人は決算書、個人事業主は確定申告書を提出します。

●本人確認書類

法人、個人事業者(自営業)どちらも運転免許書やパスポートなどでOKです。

●法人の場合

1~2年分の決算書、決算報告書、登記事項証明書

●個人事業主の場合

1~2年分の確定申告書、個人の印鑑証明書、資金計画書

事業計画書はビジネスローンの公式サイトからダウンロードして、プリントアウトして記入する場合もありますので注意しましょう。

なぜビジネクストが選ばれているか?

なぜそんなにも事業資金融資で選ばれているかの理由をメリット・デメリットで説明していきます。

【メリット】

●総量規制対象外

総量規制の対象にはならいので年収の3分の1以上の融資することが出来ます。

● 保証人・担保不要

不動産担保ローンでない限り、原則担保も保証人も不要です。※法人の場合は代表者が連帯保証になります。

● 来店不要

インターネットからの申し込みが出来ますので、店舗に行かずに契約することが可能です

・ 申し込みから利用までの流れ

1. ビジネクストのホームページより、「ご希望商品」「資金使途」などを選び、会社名や電話番号などの情報を入力していきます。

2. 仮審査

3. 必要書類をビジネクストへ郵送するかFAXします。その書類の情報をもとに本審査になります。

4. 審査通過後、融資が可能(希望する口座で融資を受け取りましょう)

● 提携ATMが多い

東京スター銀行が一番のおすすめで平日の8:45~18:00までは手数料無料で利用できます(※東京スター銀行は出金(お借入)のみとなります。)

・セブン銀行ATM・アイフルの提携ATM

出金・入金が200万円までで、1万円以下は108円、1万円超では216円の手数料がかかります。

● 審査期間

融資を受け取るまで、審査から融資まで3営業日以内に対応しています。融資後は提携ATMですぐにキャッシング出来ます。

● 安心の大手

三井住友信託銀行とアイフルの共同出資で設立されました。大手アイフルグループなので安心して利用が出来ます。ビジネクストは累計100,000口座以上の実績があります。

【デメリット】

●返済期間が長いとは言えない

他社を見ると最長10年のローン会社もあるなかビジネクストは最長5年となっています。しかし見方を変えれば期間が長くなるほどトータルの負担額は増えますので、そこまでのデメリットではないでしょう。

●延滞損害金が高い?

他社も20.0%とビジネクストだけではないですが、延滞料は高めになっています。そのため、しっかり返せるように返済計画は必ず立てておきましょう。

個人事業主は資金調達がやりにくい?

個人事業主の場合は中小企業(法人)より資金調達が難しいでしょう。

個人事業主の場合は、具体的な事業と個人の活動などが不透明なので金融機関は融資の判定が難しいのです。普通のサラリーマンは毎月決まった給料が貰えますが、個人事業主の場合は所得が安定していないことが少なくありません。

金融機関は個人向けのカードローンと同じく安定した収入を重要視しています。そのため普通のサラリーマンが個人事業者より審査が有利になることも多いでしょう。

では個人事業主がどの金融機関で借りればいいのか?という問題があります。

一般的には銀行融資や公的な機関から借りるのが金利の面から見てもベストでしょうが、急な資金調達をしたい時には全く合わないパートナーです。

業歴が1年以上あればオリックスVIPローンカードBUSINESSで借りる条件を満たしています。オリックス・クレジット株式会社は個人事業者に利用しやすいビジネスローンを用意しています。

通常ビジネスローンは用意する書類が多いですが、オリックスVIPローンカードであれば決算書無しで申し込みが可能です。

ビジネスローンの限度額

ビジネスローンは、事業用途のためのローン商品のことです。消費者金融や銀行などが提供している個人向けのキャッシングサービスやカードローンと同じような仕組みで限度額を設定しその枠内であれば借り入れがいつでも出来るというもので、緊急時の資金繰りなどに利用されます。

キャッシングサービスやカードローンとの違いとしては事業用途を目的としていることです。個人向けのキャッシングやカードローンの場合には、借入れたお金は事業用途に使うことを禁じているケースがほとんどです。一部には事業用途にも使えるものもありますが、事業用途の借り入れを行うのであれば、ビジネスローンを選択する必要あります。

一方でビジネスローンといっても銀行から貸金業者であるノンバンク系まであり、提供しているサービスも変わってきます。いくらまで借り入れが出来るのかは商品によって変わってきますが、審査が比較的ゆるやかで審査もはやく即日で融資を受けることが可能なのがノンバンク系です。

ノンバンク系のビジネスローンの場合には借入限度額は一般の消費者金融と同様で500万円程度が中心で、多くても1000万円程度です。また金利も高く6%から18%であり、ほぼ消費者金融のキャッシングサービスを事業用途に使えるようにしただけといえます。ただし、ビジネスローンでは貸金業法による総量規制の対象外ですので審査に通れば年収の3分の1を超える借り入れも可能です。

銀行系のビジネスローンの場合には5000万円程度としているほか1億円まで借りられる大口融資を行っているところもありますが、そのぶん審査は厳しくなります。金利は3%前後から10%程度と低めに設定されていますが、一般の融資と比べるとやや高めの水準にあります。

いずれにしてもノンバンク系の場合には金利負担が大きいので、多くはつなぎ融資としての利用が一般的で、銀行系にしても緊急時の資金繰りに使われています。いくらまで借り入れられるかはローン商品によって変わってきますが、金利が低く限度額が大きいほど高い信用力を求められることになります。

最大限度額1000万円!

ビジネクスト

ビジネクスト

↑申込みから融資まで来店不要!

新規利用で45日間無利息!

スモールビジネスローン

ビジネスパートナー

オリックス

↑担保や保証人が不要!

ビジネスローンに関する記事一覧ビジネスローンに関する記事一覧

Top